The Philippines filed a diplomatic protest anew demanding China’s withdrawal from the vicinity of Pag-asa Island, citing ‘the incessant deployment, prolonged presence, and illegal activities of Chinese maritime assets and fishing vessels.’
The Department of Foreign Affairs said in a statement on Saturday, May 29, that it filed the protest on Friday, May 28. “The Pag-asa Islands is an integral part of the Philippines over which it has sovereignty and jurisdiction,” it added.
Pag-asa Island, also known as Thitu Island, is located 480 kilometers west of Puerto Princesa City in Palawan. It is the largest of what the Philippines refers to as the Kalayaan Island Group, a chain of nine islets it claims as a territory within the larger group known as the Spratlys.
The DFA’s protest this week comes after the Philippines and China agreed last week in a bilateral dialogue on the importance of holding dialogues on territorial disputes in the West Philippine Sea to deescalate tensions over the disputed waters.

フィリピンは、「中国の海洋資産および漁船の絶え間ない展開、長期にわたる存在、および違法行為」を理由に、中国がパグアサ島周辺から撤退することを求める外交上の抗議を新たに提出した。
外務省は5月29日(土)の声明で、5月28日(金)に抗議文を提出したことを明らかにした。”パグアサ諸島は、フィリピンが主権と管轄権を有する不可欠な部分である」と付け加えている。
パグアサ島はティトゥ島とも呼ばれ、パラワン州プエルト・プリンセサ市の西480kmに位置しています。この島は、フィリピンが「カラヤーン島群」と呼ぶ島の中で最大のものであり、スプラトリーと呼ばれる大きな島々の中の領土であると主張している9つの小島群である。
今回の外務省の抗議は、フィリピンと中国が先週の二国間対話で、西フィリピン海の領土問題に関する対話を行い、紛争海域をめぐる緊張を緩和することの重要性に合意したことを受けたものです。

参照元:
https://www.rappler.com/nation/philippines-diplomatic-protest-china-pagasa-island-may-29-2021
https://globalnation.inquirer.net/196601/ph-protests-incessant-deployment-of-china-vessels-around-pag-asa-island