The Philippines would start its study on “mixing” COVID-19 brands by June and is now waiting for approval from the Food and Drug Administration and the Health Research Ethics Board, the Department of Science and Technology (DOST) said on Monday, May 24.
It will run for 18 months with 1,200 participants involved and will be lead by the Philippine Society for Allergy, Asthma, and Immunology.
The DOST Secretary explained that the trial participants would receive two different brands of vaccines. He also stated that the study will concentrate on combining Sinovac with other brands because the country has a consistent supply of this vaccine.
If proven effective, mixing vaccine brands would benefit the Philippines, where vaccine supplies are currently not evenly distributed among brands.

5月24日(月)、科学技術省(DOST)が発表したところによると、フィリピンではCOVID-19ブランドの「混合」に関する研究を6月までに開始する予定で、現在、食品医薬品局と健康研究倫理委員会の承認を待っているところです。
この試験は、1,200人の参加者を対象に18ヶ月間実施され、フィリピンアレルギー喘息免疫学会が主導する予定です。
DOST長官は、試験参加者は2つの異なるブランドのワクチンを受けることになると説明しています。また、この研究では、シノバックと他のブランドのワクチンの組み合わせに重点を置くとしています。
効果が実証されれば、ワクチンの供給が各ブランド間で均等に行われていないフィリピンにとって、ワクチンブランドの混合は有益なものとなります。

参照元:
https://www.rappler.com/nation/philippines-trial-mixing-covid-19-vaccine-brands-june-2021
https://www.philstar.com/headlines/2021/05/24/2100479/dost-study-using-different-covid-19-vaccine-brands-may-begin-june