At least eight companies are interested in producing vaccines in the Philippines, five of which will be for the COVID-19, an official of Science and Technology (DOST) said.
“One [firm] is targeting to start a fill and finish facility by the end of the year,” she said, without disclosing the name of the company.
Without mentioning the companies’ names, the official described the following vaccine developers as:
Company A is a distributor for a South Korean company and is currently negotiating a joint venture with two other companies. Company B has extensive facilities in Asia. Their prospective foreign partner manufactures vaccines against polio, rubella, tuberculosis, HIV, and Covid-19.
Company C is considering launching a local vaccine manufacturing venture that includes a fill and finish facility. On the other hand, Company D has expressed a desire to collaborate with the government and is currently in talks with the Department of Trade and Industry-Board of Investment (DTI-BOI) and the National Development Company (NDC).
Company E is a long-term partner of a Chinese vaccine manufacturer and has been in discussions with the DTI-BOI and the NDC to expedite its plans.
Company F is looking for a potential partner, possibly a US company, while Company G is in talks with a Taiwanese vaccine developer about a possible partnership on local manufacturing.
“Company H has expressed interest to participate in the WHO initiative for the establishment of a Covid-19 mRNA vaccine technology transfer hub to scale up global manufacturing,” the DOST official said.
Due to a lack of funding, the Philippine government ceased the production of vaccines in 2015.

少なくとも8社がフィリピンでのワクチン製造に興味を持っており、そのうち5社はCOVID-19用になるだろうと科学技術(DOST)の関係者が語った。
“ある(企業)は、年内に充填・仕上げ施設を開始することを目標としている “と、企業名を明かさずに語った。
企業名を伏せた上で、同関係者は次のようなワクチン開発企業を説明した。
A社は韓国企業の代理店であり、現在、他の2社と合弁会社の交渉を行っている。B社はアジアに広大な施設を持っている。その外国のパートナー候補は、ポリオ、風疹、結核、HIV、Covid-19などのワクチンを製造している。
C社は、現地でのワクチン製造事業を立ち上げることを検討していますが、その中には充填・仕上げの施設も含まれています。一方、D社は政府とのコラボレーションを希望しており、現在、貿易産業省-投資委員会(DTI-BOI)および国家開発会社(NDC)と交渉中です。
E社は、中国のワクチンメーカーの長期的なパートナーであり、計画を促進するためにDTI-BOIおよびNDCと協議しています。
F社はパートナー候補を探しており、おそらく米国企業ではないかと考えています。G社は台湾のワクチン開発企業と現地製造に関する提携の可能性について協議しています。
“H社は、WHOが推進しているCovid-19 mRNAワクチンの技術移転ハブの設立に参加し、世界規模での製造を拡大することに関心を示しています」とDOSTの担当者は述べています。
資金不足のため、フィリピン政府は2015年にワクチンの製造を中止しました。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/news/05/25/21/5-firms-eye-covid-19-vaccine-factories-in-ph-dost
https://www.pna.gov.ph/articles/1141454