PLDT Inc. Invested P7-Billion in the Jupiter cable system to leverage its international bandwidth capacity, which is expected to complete by the end of 2021 if there would be no further delays due to the pandemic.
The subsea system could increase its international capacity close to 60 Terabits from the current 10 Tbps.
The Jupiter submarine cable will employ at least 400 Gbps wavelength division multiplex transmission technology to connect landing points in Japan, Philippines, and the US, PLDT said.
“This further investment in subsea cables, along with the expansion of other physical infrastructures such as network towers and 5G sites, secures the future of our country in this increasingly digital world,” PLDT Chief Revenue Officer and Smart Communications President and CEO Alfredo S. Panlilio said.
The cable system will strengthen PLDT’s digital services including 5G-powered technologies, Internet of Things (IoT) and existing fixed and mobile services, it said.
PLDT said it currently has “extensive participation in 14 international submarine cable systems and one terrestrial system carrying data traffic in and out of the country.
Bandwidth requirements in the Philippines have risen as a result of increased demand from those working from home and students participating in online learning.

PLDT社 は、国際的な帯域幅を活用するためにジュピターケーブルシステムに70億ペソを投資し、パンデミックによる更なる遅延がなければ、2021年末までに完成する見込みです。
この海底ケーブルシステムにより、国際通信容量は現在の10Tbpsから60Tbps近くまで拡大することができます。
Jupiter海底ケーブルは、少なくとも400 Gbpsの波長分割多重伝送技術を採用し、日本、フィリピン、米国の陸揚げ地点を結ぶ予定だとPLDTは述べています。
“PLDTの最高収益責任者であり、スマート・コミュニケーションズ社の社長兼CEOであるアルフレド・S・パンリリオは、「今回の海底ケーブルへのさらなる投資は、ネットワークタワーや5Gサイトなど他の物理的インフラの拡大とともに、デジタル化が進む世界におけるわが国の将来を確かなものにするものです」と述べています。
このケーブルシステムは、5Gを搭載した技術、モノのインターネット(IoT)、既存の固定・移動体サービスなど、PLDTのデジタルサービスを強化するものだという。
PLDT社は現在、「国外の14の海底ケーブルシステムと、国外のデータトラフィックを運ぶ1つの地上システムに幅広く参加している」と述べています。
フィリピンでは、自宅で仕事をする人やオンライン学習に参加する学生の需要が増加した結果、帯域幅の要件が高まっています。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/05/31/pldt-p7-b-jupiter-cable-system-completed-by-yearend/
https://news.abs-cbn.com/business/05/31/21/pldt-international-capacity-further-investment-subsea-cables