The electronics industry continues to support the Philippines’ economy amid the COVID-19 crisis as it is seen to become a vital player in the global internet of things (IoT) space that is estimated to grow to about 25.4 billion active devices by 2030, Trade Secretary Ramon Lopez said.
At the Semiconductor and Electronics Industries in the Philippines Foundation, Inc. (SEIPI) president Dan Lachica reported at the general membership meeting, that the sector grew by 8.9 percent in the first quarter of the year compared to last year, with export revenues amounting to USD10.72 billion.
This is an opportunity that the country should not pass up, said Lopez.
By advancing to the IoT technology, local industries would be able to address the growing demand for smart medical devices, consumer electronics, and electronic data processing equipment which saw a huge spike in sales last year, he added.
Lopez said electronics accounted for 61 percent of the Philippine commodity exports of $17.56 billion in the first quarter of 2021. As of March 2021, cumulative exports in the Philippine electronics industry reached $10.72 billion, up by 8.9 from $9.84 billion in the same period in 2020.
The Trade official also noted that the Philippines offers a strong value proposition to attract investments in electronics—be it in manufacturing, product design, and research and development.
“This is thanks to our country’s high caliber human capital, unrivaled market access to key markets, government support facilities, and the presence of global brands profitably operating in the country,” he said.

ラモン・ロペス貿易長官は、「COVID-19」危機の中、エレクトロニクス産業は、2030年までに約254億個のアクティブなデバイスに成長すると推定されるグローバルなモノのインターネット(IoT)空間において重要なプレーヤーになると見られており、引き続きフィリピン経済を支えていると述べました。
フィリピン半導体・エレクトロニクス産業財団(SEIPI)のダン・ロペス会長は、「私たちは、このような状況の中で、このような活動を行っています。SEIPI)のダン・ラチカ会長が会員総会で報告したところによると、今年の第1四半期に同分野は昨年に比べて8.9%成長し、輸出収入は107.2億米ドルに達したとのことです。
これは、国として見逃すことのできない機会であると、ロペスは述べています。
IoT技術に進むことで、地場産業は、昨年売上が急増したスマート医療機器、家電製品、電子データ処理機器の需要拡大に対応できるようになるだろう、と付け加えました。
ロペスは、2021年第1四半期のフィリピンの商品輸出額175.6億ドルのうち、電子機器が61%を占めていると述べました。2021年3月現在、フィリピンのエレクトロニクス産業の累積輸出額は107億2,000万ドルに達し、2020年同期の98億4,000万ドルから8.9%増加しています。
また、フィリピンは、製造、製品設計、研究開発など、エレクトロニクス分野への投資を誘致するための強力なバリュープロポジションを提供していると述べています。
“これは、フィリピンの優秀な人的資源、主要市場へのアクセス、政府の支援施設、そして国内で利益を上げているグローバルブランドの存在によるものです」と述べています。

参照元:
https://manilastandard.net/index.php/business/it-telecom/355683/electronics-sector-seen-to-help-ph-become-a-leading-player-in-internet-of-things-market.html
https://www.pna.gov.ph/articles/1141821