The Iloilo Paraw Regatta, the oldest sailing event in Asia and the city’s major festival, will be held on May 30 on virtual platforms. It was canceled last year due to the pandemic.
The city government will stream a prerecorded video presentation on the festival.
“This is a manifestation of our strong commitment to continue celebrating our rich cultures and traditions despite being confronted with the challenges of this pandemic, because our identity as Ilonggos is truly worth celebrating,” Iloilo Festivals Foundation Inc. (IFFI) said in a statement.
There would be no actual sailing event for this year’s celebration but a video production that will feature among others the process of paraw sailing and interviews of those who previously participated in the festival, the event organizer stated.
The 49-year-old festival, which has drawn international acclaim and the distinction as the oldest and one of the most colorful sailing events in Asia, is usually held in early summer.
Paraw is a colorful, small, and slim double outrigger boat made of indigenous materials that have traditionally been used for transportation and fishing by Ilonggos. The paraw has become a popular attraction at the annual regatta, attracting a large number of participants and spectators.
The festival was last held in 2019, and 41 paraw competed in three categories of the race based on the length of the boat. Thousands of people have traditionally lined up along the shoreline of this city’s Villa Arevalo District to watch the race, which spans 36.5 kilometers from this city to Guimaras.

アジアで最も古いヨットイベントであり、イロイロ市の主要なフェスティバルであるイロイロ・パラウ・レガッタが、5月30日にバーチャルプラットフォームで開催されます。昨年はパンデミックの影響で中止となりました。
市政府は、祭りの様子を事前に録画したビデオで配信します。
“イロイロ・フェスティバル・ファウンデーション(IFFI)は、「これは、パンデミックという困難に直面しても、私たちの豊かな文化や伝統を祝い続けるという、私たちの強い決意の表れです。(IFFI)は声明を発表しました。
今年のイベントでは、実際のセーリング・イベントは行われませんが、パロー・セーリングのプロセスや、過去にフェスティバルに参加した人たちのインタビューなどを収録したビデオが制作される予定です。
49年の歴史を持つこのフェスティバルは、アジアで最も古く、最もカラフルなセーリングイベントとして国際的な評価を得ており、例年初夏に開催されています。
パラオは、伝統的にイロンゴ族の人々が移動や漁に使用してきた、固有の素材で作られたカラフルで小さく、スリムな二重アウトリガーボートです。パローは毎年開催されるレガッタの人気アトラクションとして、多くの参加者や観客を集めています。
前回2019年に開催されたフェスティバルでは、41台のパラウが船の長さに応じた3つのカテゴリーのレースに出場しました。この都市からギマラスまでの36.5kmに及ぶレースを見るために、従来から数千人の人々がこの都市のヴィラ・アレバロ地区の海岸線に並んでいます。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1435645/iloilos-paraw-regatta-festival-goes-online