A trainer plane crashed off the coast of a village in Caba, La Union around noon Wednesday, May 26, killing the student pilot who was on a solo cross-country flight.
The 25-year-old is a student pilot from First Aviation Academy in Subic Bay International Airport and was piloting a Tecnam P-2010 with registry number RP-C8230.
“According to the flight plan filed by the school, the flight originated from Iba Airport in the province of Zambales, en route to La Union Airport and Lingayen Airport, then back to Iba Airport,” said the Civil Aviation Authority of the Philippines (CAAP).
An investigation on the cause of the accident is ongoing.
The Philippine National Police recovered the student’s body. He was taken to the Caba Municipal Health Office, but the attending physician declared him dead.
The PCG is retrieving aircraft debris, “which sunk at approximately 300 meters away from the shoreline.”

5月26日(水)正午頃、ラ・ユニオン州カバの村の沖合にトレーナー機が墜落し、単独でクロスカントリーフライトをしていた学生パイロットが死亡した。
墜落したのは、スービック・ベイ国際空港にあるファースト・アビエーション・アカデミーの学生パイロットである25歳の男性で、テクナムP-2010(登録番号RP-C8230)を操縦していました。
“フィリピン民間航空局(CAAP)は、「学校が提出したフライトプランによると、このフライトは、ザンバレス州のイバ空港を出発し、途中、ラユニオン空港、リンガエン空港を経て、イバ空港に戻ってきた」と発表しました。
事故の原因については、現在調査中です。
フィリピン国家警察が学生の遺体を回収しました。カバ市の保健所に搬送されたが、主治医が死亡を宣告したという。
PCGは、”海岸線から約300メートル離れた場所に沈んだ “航空機の残骸を回収しています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/news/05/26/21/trainer-plane-crashes-in-la-union
https://www.rappler.com/nation/aircraft-crash-la-union-may-26-2021