The reported hybrid of the highly transmissible variants first found in India and the United Kingdom detected in Vietnam needs more evidence to say whether it is more transmissible or decreases the effectiveness of vaccines, said the Philippine Department of Health.
Despite Vietnam Health Minister Nguyen Thanh Long’s recent warning of the danger of the new variant, Dr. Edsel Salvaña, a member of the Health Department’s technical advisory group, said the variant found in Vietnam cannot yet be considered one of concern.
“We need to study very well whether this really is a hybrid or if it’s really just another variant that acquired these mutations in the course of natural mutation. That does not necessarily translate to increased transmissibility or decreased susceptibility to our vaccines,” he said.
On the other hand, Rosario Vergeire, the Health Undersecretary and Spokesperson expressed a similar sentiment but did not dismiss the reports about the new variant entirely.
“Whatever the type of variant may be, we still need to practice the minimum health protocols. That is the only way for us to get protected against these variants and of course have yourself vaccinated if you are eligible already,” she said.
The DOH official also noted that the World Health Organization (WHO) has yet to receive full details on the said variant and is still waiting for the full report to provide guidance to member-countries.
In recent reports, the Vietnamese Health Minister said the laboratory cultures of the new variant revealed that the virus replicated itself very quickly, which could explain why so many COVID-19 cases appeared in different parts of Vietnam in such a short period of time.

インドとイギリスで最初に発見された感染力の高い亜種のハイブリッドがベトナムで検出されたと報告されているが、それがより感染力が強いのか、あるいはワクチンの効果を低下させるのかを言うためには、より多くの証拠が必要であるとフィリピン保健省は述べている。
ベトナム保健省のグエン・タン・ロン大臣は最近、新型インフルエンザの危険性を警告していますが、保健省の技術諮問グループのメンバーであるエドセル・サルバナ博士は、ベトナムで発見された新型インフルエンザはまだ懸念すべきものとは言えないと述べています。
“これが本当にハイブリッドなのか、それとも自然変異の過程でこれらの変異を獲得した別の変異体なのか、よく研究する必要があります。それが必ずしも感染性の増加やワクチンへの感受性の低下につながるわけではありません」と述べています。
一方、保健省のロザリオ・ヴァージア次官兼報道官も同様の見解を示しましたが、新しいバリアントに関する報道を完全には否定しませんでした。
“どんな種類のものであっても、私たちは最低限の健康プロトコルを実践する必要があります。それが、これらの亜種から身を守るための唯一の方法であり、もちろん、すでに対象となる人は予防接種を受ける必要があります」と述べています。
保健省の担当者は、世界保健機関(WHO)がこの新型インフルエンザの詳細をまだ受け取っておらず、加盟国にガイダンスを提供するために完全な報告書を待っているとも述べています。
最近の報道によると、ベトナムの厚生大臣は、この新しい亜種の実験室での培養では、ウイルスが非常に速く自己複製することが明らかになったと述べており、これが、短期間にベトナムのさまざまな地域でCOVID-19の患者が多数発生した理由ではないかと考えられています。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/31/No-evidence-yet-about-Vietnam-COVID-19-variant.html
https://newsinfo.inquirer.net/1439252/doh-no-need-to-panic-about-new-coronavirus-variant-detected-in-vietnam