An investigation into the deaths of 21 runners during a mountain ultramarathon in northwest China was launched, as harrowing testimony from survivors who battled to safety through freezing temperatures and bone-chilling winds emerged.
Extreme weather hit a high-altitude section of the 100-kilometer (62-mile) race Saturday afternoon in Gansu province’s scenic Yellow River Stone Forest.
According to state media, provincial authorities have formed an investigation team to look into the cause of the incident, as questions arose about why organizers allegedly ignored extreme weather warnings from the city’s Early Warning Information Center in the days leading up to the race, which attracted 172 runners.
China’s top sports body has also promised to tighten safety regulations for events held across the country.
Strong winds ripped the insulation blankets provided by organizers to shreds, according to other survivors. One told state media that as he fought his way down the mountain, he saw many people lying on the ground, some of whom he assumed were dead.

中国北西部で開催されたウルトラマラソンで21名のランナーが死亡した事件の調査が開始されました。この事件では、氷点下の気温と冷たい風の中を安全に移動した生存者の悲痛な証言が明らかになりました。
この異常気象は、甘粛省の景勝地である黄河石林で開催された100キロ(62マイル)のレースの高地区間で発生しました。
国営メディアによると、172人のランナーが参加したこのレースの前に、主催者が市の早期警報情報センターからの異常気象の警告を無視したとされる疑問が生じたため、省当局は原因究明のための調査チームを結成しました。
また、中国のトップスポーツ団体は、国内で開催されるイベントの安全規制を強化することを約束しています。
他の被災者によると、主催者が用意した保温用の毛布が強風でボロボロになったそうです。また、ある生存者は国営メディアの取材に対し、「山を降りる際に、多くの人が地面に倒れているのを見て、その中には死んでいる人もいると思った」と語った。

参照元:
https://www.manilatimes.net/2021/05/25/news/world/china-probes-deaths-of-21-runners-after-freak-weather-hits-ultramarathon/1800512