Tennis champion Naomi Osaka was fined $15,000 for refusing media interviews after her straight-set victory at the French Open on Sunday, May 30, citing that her mental health is her priority.
On Wednesday, The four-time major champion announced on social media that she will not hold any press interviews during the French Open, with the hope that any fines she incurs will be donated to a mental health charity.
“I’ve often felt that people have no regard for athletes’ mental health and this rings very true whenever I see a press conference or partake in one,” Osaka wrote.
The fine was announced in a joint statement by the heads of the organizations that run the Grand Slam tournaments — the U.S. Tennis Association, the French Tennis Federation, the All England Lawn Tennis Club, and Tennis Australia.
If Osaka continues to ignore her “obligations” for media appearances, she risks facing more severe consequences. The officials’ statement said she could be at risk of default from the tournament and suspension from other competitions for repeated violations.
Osaka won against Romania’s Patricia Maria Tig in straight sets – 6-4 7-6 (7-4) – on Sunday. She will next face Ana Bogdan of Romania.

テニスチャンピオンの大坂なおみ選手は、5月30日(日)に開催された全仏オープンでストレート勝ちした後、自分の精神的な健康を優先するためにメディアのインタビューを拒否したとして、15,000ドルの罰金を科されました。
水曜日、メジャー4冠王の大坂選手は、ソーシャルメディア上で、全仏オープン期間中のプレスインタビューを一切行わないことを発表し、発生した罰金がメンタルヘルスの慈善団体に寄付されることを期待しています。
“大坂選手は、「人々はアスリートのメンタルヘルスを全く考慮していないとよく感じていましたが、記者会見を見たり、参加したりするたびに、このことがよくわかります」と書き込んでいます。
この罰金は、グランドスラム大会を運営する団体である米国テニス協会、フランステニス連盟、オールイングランドローンテニスクラブ、テニスオーストラリアのトップが共同声明で発表しました。
大坂選手がメディア出演の「義務」を無視し続ければ、より厳しい結果を招く危険性があります。公式声明によると、違反を繰り返すと、大会からの不履行と他の大会からの出場停止のリスクがあるとのことです。
大坂は日曜日にルーマニアのパトリシア・マリア・ティグに6-4 7-6 (7-4)のストレートで勝利しました。次はルーマニアのアナ・ボグダンと対戦します。

参照元:
https://cnnphilippines.com/sports/2021/5/31/Naomi-Osaka-French-Open-media-fine-mental-health.html
https://www.nbcnews.com/news/sports/naomi-osaka-fined-15k-tennis-officials-after-refusing-press-sake-n1269122