Hong Kong officials have warned that they may soon have to throw away millions of coronavirus vaccine doses because they are about to expire and not enough people have signed up for the vaccinations.
Hong Kong which has a population of 7.5 million, bought 7.5 million doses each of the Pfizer-BioNTech vaccine and China’s Sinovac. However, only 14% of its citizens have received two doses.
The people’s distrust of the government and lack of urgency in the city with a relatively low number of infections has led to vaccine hesitancy and a dismal inoculation drive.
A member of the government’s vaccine task force warned that Hong Kongers “only have a three-month window” before the city’s first batch of Pfizer-BioNTech vaccines go out of date.
Former Centre for Health Protection controller Thomas Tsang said it was “just not right” that Hong Kong had an unused stockpile of vaccines while the rest of the world was “scrambling for vaccines.” He also stated that new doses were unlikely to be delivered. “What we’ve got is probably all we’ll have for the rest of the year,” he said.
Since Beijing and local authorities cracked down on dissent to end massive and often violent democracy protests that erupted in 2019, public trust in the Hong Kong government has been at an all-time low.

香港政府は、数百万人分のコロナウイルス・ワクチンが期限切れを迎え、十分な数の人々が予防接種を申し込んでいないため、近いうちに廃棄しなければならないかもしれないと警告した。
香港の人口は750万人で、ファイザー社のバイオンテック社のワクチンと中国のシノバック社のワクチンをそれぞれ750万回分購入した。しかし、2回接種した人は14%しかいない。
感染者数が比較的少ない都市で、国民の政府への不信感と緊急性のなさが、ワクチンを躊躇させ、接種活動を散々なものにしている。
政府のワクチン・タスクフォースのメンバーは、香港人はファイザー・バイオンテック社製の第一陣のワクチンが期限切れになるまで「3ヶ月の猶予しかない」と警告している。
元健康保護センター長官のトーマス・ツァン氏は、世界の他の国々が「ワクチンを求めて奔走している」中で、香港が使われていないワクチンの備蓄を持っているのは「正しくない」と述べました。彼はまた、新しいワクチンが提供される可能性は低いと述べました。”また、新たなワクチンの供給は期待できないとし、「今あるものが今年一杯のものでしょう」と語った。
2019年に勃発した大規模でしばしば暴力的な民主化抗議活動を終わらせるために、北京と地元当局が反対意見を取り締まって以来、香港政府に対する国民の信頼はかつてないほど低くなっています。

参照元:
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-57247327
https://www.manilatimes.net/2021/05/25/latest-stories/hong-kong-may-throw-away-millions-of-unused-vaccine-doses/1800573