Converge ICT Solutions Inc., a Philippine internet service provider, has entered into “definitive agreements” with Keppel Telecommunications & Transportation to officially participate in the construction of a new subsea cable system.
The agreements provide for the grant of an “indefeasible right of use” to Converge for one fiber pair on the main trunk of the Bifrost Cable System, Converge said in a disclosure to the stock exchange.
Converge said it would invest around $100 million (about P5 billion) for the whole Bifrost Cable System which both parties plan to establish a branch that will land in Davao. Converge, meanwhile, will be appointed as the landing party for the Davao branch segment.
“The additional Davao branch for the Bifrost Cable System will significantly increase internet speeds and network diversity for businesses and consumers in the Philippines for a better digital experience,” Dennis Anthony Uy, CEO of Converge, was quoted as saying in a disclosure to the local bourse.
The undersea cable system — which will span more than 15,000 kilometers — aims to directly link Singapore, Indonesia, the Philippines, Guam, and the west coast of North America.
“Our investment into this cable system also gives us two direct international links, one going to Singapore and the other one going to North America with a design capacity of up to 15Tbps (terabits per second) in each direction,” the Pampanga-based businessman added.
The Bifrost Cable System project is expected to be completed by 2024, Converge ICT said.

フィリピンのインターネットサービスプロバイダーであるConverge ICT Solutions Inc.は、Keppel Telecommunications & Transportation社との間で、新しい海底ケーブルシステムの建設に正式に参加するための「決定的な契約」を締結しました。
この契約では、ビフレストケーブルシステムのメイントランクのファイバーペア1本について、コンバージ社に「永久使用権」が付与されることになっている、とコンバージ社は証券取引所への開示で述べている。
コンバージ社は、ビフレストケーブルシステム全体に約1億ドル(約50億円)を投資し、ダバオに支店を設置する予定だという。一方、コンバージ社はダバオ支店セグメントの着地点として任命されます。
“Converge社のCEOであるDennis Anthony Uy氏は、「ビフレストケーブルシステムにダバオ支店を追加することで、フィリピンの企業や消費者のインターネットの速度やネットワークの多様性が大幅に向上し、より良いデジタル体験ができるようになります」と、地元証券取引所への開示で述べています。
この海底ケーブルシステムは、シンガポール、インドネシア、フィリピン、グアム、北米西海岸を結ぶ、総延長15,000km以上のものです。
“また、パンパンガ州を拠点とするビジネスマンは、「このケーブルシステムへの投資により、シンガポールと北米の2つの国際的なダイレクトリンクが実現し、それぞれの方向で最大15Tbps(テラビット・パー・セカンド)の設計容量を持つことになります」と付け加えた。
コンバージICTによると、ビフレストケーブルシステムプロジェクトは2024年までに完成する予定です。

参照元:
https://www.cnnphilippines.com/business/2021/5/27/Converge–Singapore-s-Keppel-T-T-ink–definitive–deals-for-underwater-cable-system-.html
https://news.abs-cbn.com/business/05/27/21/converge-keppel-tt-subsea-cable