The Philippine government announced the extension of the ban on all travelers coming from India, Pakistan, Nepal, Bangladesh, Sri Langka, Oman, and the United Arab Emirates.
According to the Presidential spokesperson Harry Roque, President Rodrigo Duterte approved the extension upon the recommendation of the National Task Force Against COVID-19.
The travel restrictions are part of a broader strategy to prevent the spread of the B1617 variant, which was first identified in India and has been declared as a variant of concern by the World Health Organization.
The travel ban on India had been in place since April 29 and was supposed to end on Friday, May 14. It was extended until May 31, along with restrictions for travelers from Sri Lanka, Pakistan, Bangladesh, and Nepal introduced on May 7. Oman and UAE were included on May 14 to the list of countries covered by the ban.

フィリピン政府は、インド、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、オマーン、アラブ首長国連邦からのすべての渡航者に対する渡航禁止措置を延長することを発表しました。
ハリー・ロケ大統領報道官によると、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、COVID-19に対抗する国家タスクフォースの勧告に基づき、この延長を承認しました。
今回の渡航制限は、インドで初めて確認され、世界保健機関(WHO)によって懸念される変異体と宣言されているB1617変異体の拡散を防ぐための広範な戦略の一環です。
インドへの渡航禁止措置は、4月29日から実施されており、5月14日(金)に終了する予定でした。5月7日に導入されたスリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ネパールからの渡航者に対する制限と合わせて、5月31日まで延長されました。また、5月14日には、オマーンとアラブ首長国連邦が渡航禁止の対象国に加わりました。

参照元:
https://cnnphilippines.com/news/2021/5/31/IATF-recommendation-travel-ban.html
https://www.rappler.com/nation/philippines-extends-ban-travelers-from-india-six-other-countries-until-june-15