Filipino surfer Nilbie Blancada remains hopeful for the Philippines’ bid to qualify for the inaugural Olympic surfing competitions in Tokyo, Japan as he is the lone surfer who advanced to the third round of the 2021 ISA World Surfing Games in El Salvador, while the rest of the Philippine surfing team sunk to the bottom bracket.
The 2019 Southeast Asian Games gold medalist landed a runner-up finish in the second round heat with 6.53 points. Spain’s Leticia Canales topped the heat with 9.33 points, while Belarus’ Rheanna Rosenbaum (6.16 pts) and Canada’s Paige Alms (4.94) were relegated to the repechage rounds.
With 6.57 points, John Mark Tokong finished third in his star-studded heat. Italo Ferreira of Brazil (13.93 points) and Rio Waida of Indonesia (12.26 points) advanced to the third round of the 2019 World Surfing Games.
Edito Alcala, Jr. Finished third in his heat, with Great Britain’s Stanley Norman (13.64 pts) and France’s Joan Duru (12.53 pts) advancing to the next round.
Daisy Valdez was demoted to the repechage round as well after finishing third in her second-round heat with 2.1 points. Mahina Maeda of Japan (9.27 points) and Bethany Zelasko of Canada (6.5 points) qualified for the third round.
Even Jay-R Esquivel who showed a promising first-round result dominating his heat with 10.23 points, sunk last in the second round with just 6 points. Mexico’s Alan Cleland (10.9 pts) and France’s Michael Bourez (6.4 pts) are the surfers in the heat who advanced in the third round.
A spot of hope remains for the Philippine team with Siargao’s Nilbie Blancada. She emerged second behind Spain’s Leticia Canales, and advances to the third round. She will face Israel’s Anat Lelior, Germany’s Noah Klapp, and Chile’s Estela Lopez.

フィリピン人サーファーのニルビー・ブランカダは、エルサルバドルで開催された2021年ISAワールド・サーフィン・ゲームズの3次ラウンドに進出した唯一のサーファーであり、他のフィリピンのサーフィンチームは最下位に沈んだため、日本の東京で開催される第1回オリンピック・サーフィン競技へのフィリピンの出場権獲得に向けて希望を持ち続けています。
2019年の東南アジア大会の金メダリストは、第2ラウンドのヒートで6.53ポイントを獲得して準優勝しました。スペインのレティシア・カナレスが9.33ポイントでヒートのトップに立ち、ベラルーシのリアナ・ローゼンバウム(6.16ポイント)とカナダのペイジ・アルムス(4.94ポイント)はリプケージ・ラウンドに降格しました。
6.57ポイントを獲得したジョン・マーク・トコン選手は、スター選手が揃ったヒートで3位となりました。ブラジルのイタロ・フェレイラ(13.93点)とインドネシアのワイダ・リオ(12.26点)は、2019年ワールド・サーフィン・ゲームズの第3ラウンドに進みました。
エディト・アルカラ・ジュニア はヒート3位となり、イギリスのスタンリー・ノーマン(13.64pt)とフランスのジョアン・デュル(12.53pt)が次のラウンドに進みました。
デイジー・バルデスは、2ラウンド目のヒートで2.1ポイントを獲得して3位となり、同じくリピーチラウンドに降格しました。日本の前田マヒナ選手(9.27点)とカナダのベサニー・ゼラスコ選手(6.5点)が3rdラウンドに進出しました。
1stラウンドで10.23ポイントを獲得し、期待されたジェイ・R・エスキベル選手も、2ndラウンドでは6ポイントにとどまり最下位に沈みました。メキシコのアラン・クレランド(10.9ポイント)とフランスのマイケル・ボウレス(6.4ポイント)は、このヒートで3rdラウンドに進出したサーファーです。
フィリピンチームでは、シアルガオのニルビー・ブランカダが希望の光を放っています。彼女は、スペインのレティシア・カナレスに次いで2位となり、3rdラウンドに進出しました。イスラエルのアナト・レリオル、ドイツのノア・クラップ、チリのエステラ・ロペスと対戦します。

参照元:
https://www.spin.ph/life/guide/surfing-oqt-nilbie-blancada-advances-to-round-3-a4553-a1017-20210601
https://cnnphilippines.com/sports/2021/6/1/Nilbie-Blancada-advances-3rd-round-Olympic-qualifiers.html?fbclid=IwAR0rcxB76Ng6XfOTdqq9JceShe8FquEFzrXjt-c2yYn3iEGRtgu6k-8VB6c