The government of Hong Kong announced on Tuesday, June 1, that it plans to implement a real-name registration system for mobile phone pre-paid SIM cards in September in an effort to combat crime in the financial hub, a move that is likely to raise privacy and surveillance concerns.
The new system would require people to register their name, identification card number, and date of birth with the service provider, and authorities could use a warrant to request the information, said Commerce Secretary Edward Yau.
The bill will be heard in the Legislative Council on June 9 and, if passed, will go into effect on September 1. Each person could have up to ten pre-paid cards from each service provider, and consumers would have until March of the following year to register.
Some Hong Kong residents are concerned that the move will exacerbate a crackdown on dissent that began with Beijing’s imposition of a sweeping national security law on its most free city last year.
Hong Kong has one of Asia’s highest smartphone penetration rates, at about 90% of its population of 7.5 million, according to the government.

香港政府は6月1日(火)、金融の中心地である香港での犯罪対策として、携帯電話のプリペイドSIMカードの実名登録制度を9月に実施する予定であることを発表しましたが、この動きはプライバシーや監視に関する懸念を招く可能性が高いと考えられます。
エドワード・ヤウ商務長官によると、新システムでは、サービス・プロバイダーに氏名、身分証明書番号、生年月日を登録することが必要で、当局は令状を使って情報を要求できるという。
この法案は、6月9日に立法院で審議され、可決されれば9月1日から施行される予定です。各サービス会社のプリペイドカードは1人10枚まで持つことができ、消費者は翌年3月までに登録することになる。
香港市民の中には、昨年、北京が香港で最も自由な都市に国家安全保障に関する法律を適用したことに端を発し、この動きが反体制派への弾圧を悪化させるのではないかと懸念する人もいる。
香港政府の発表によると、香港のスマートフォン普及率はアジアで最も高く、人口750万人のうち約90%を占めています。

参照元:
https://www.rappler.com/technology/hong-kong-real-name-sim-card-system?utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1622535866-2
https://www.channelnewsasia.com/news/business/hong-kong-set-to-introduce-real-name-sim-card-system-from-sept–1-14925822