Dr. Michelle De Vera of the Philippine Society for Allergy, Asthma, and Immunology said that antibody tests may not be the “best” measurement for one’s level of protection against COVID-19.
The doctor added that while there are many who are testing for it and worrying about the result, there are no data to support the claim.
Dr. De Vera further said that “one measurement cannot totally measure the entire immune response of your immune system to the COVID virus.”
The doctor noted that the evidence of protection versus coronavirus is by eventually “going to follow people over time to see if they actually contract the disease or not because that will be the real test for whether you’re protected to this virus or not.”
Meanwhile, Dr. Jaime Montoya, executive director of the DOST-Philippine Council for Health Research and Development, said that antibody tests is only one of the “surrogate markers.”
“Meaning, it is not yet the accepted marker that you are protected or immune,” Montoya said.
The US Food and Drug Administration (FDA) previously reminded the public and health care providers that results from currently authorized COVID-19 antibody tests should not be used to assess a person’s level of immunity or protection from the disease at any time, particularly after the person has received a COVID-19 vaccination.
According to the US FDA, while a positive antibody test result can be used to help identify people who may have had prior COVID-19 infection, more research on people who have received vaccination is required.

フィリピンアレルギー・喘息・免疫学会のミシェル・デヴェラ博士は、抗体検査はCOVID-19に対する防御レベルを測る「最良」の方法ではないかもしれないと述べています。
また、抗体検査をしてその結果を心配している人は多いが、その主張を裏付けるデータはないとも述べています。
デ・ベラ博士はさらに、”1回の測定では、COVIDウイルスに対する免疫システムの反応全体を完全に測定することはできない “と述べています。
同医師は、コロナウイルスに対する防御の証拠は、最終的には “長期的に人々を追跡して、実際に病気に感染するかどうかを確認することになるので、それがこのウイルスに対して防御されているかどうかの本当のテストになるだろう “と指摘した。
一方、DOST-フィリピン保健研究開発評議会のエグゼクティブ・ディレクターであるハイメ・モントーヤ博士は、抗体検査は「サロゲート・マーカー」の一つに過ぎないと述べています。
モントーヤ博士は、抗体検査は “代理指標 “の1つに過ぎず、「つまり、まだ防御や免疫があると認められる指標ではない」と述べた。
米国食品医薬品局(FDA)は以前、現在認可されているCOVID-19抗体検査の結果は、いかなる場合でも、特にCOVID-19ワクチンの接種を受けた後に、その人の病気に対する免疫力や防御力のレベルを評価するために使用すべきではないと、一般市民や医療従事者に注意を促しました。
米国FDAによると、抗体検査結果が陽性であれば、過去にCOVID-19に感染した可能性のある人を特定するのに役立ちますが、ワクチン接種を受けた人を対象としたさらなる研究が必要です。

参照元:
https://www.gmanetwork.com/news/news/nation/789888/don-t-get-antibody-test-after-covid-19-vaccination-experts-urge-public/story/
https://newsinfo.inquirer.net/1440398/antibody-test-may-not-be-best-gauge-of-protection-vs-covid-19-experts