World Health Organization has included the CoronaVac, the COVID-19 vaccine made by the Chinese manufacturer Sinovac, in its emergency use listing (EUL). Malacañang Palace welcomed the announcement, saying it would curb vaccine hesitancy in the Philippines where the said vaccine is widely used for the country’s vaccination drive.
“I’m happy to announce that the Sinovac-CoronaVac vaccine has been given WHO emergency use listing after being found to be safe, effective and quality-assured,” WHO chief Tedros Adhanom Ghebreyesus told a press conference.
E321“The easy storage requirements of CoronaVac make it very suitable for low-resource settings,” he added.
The WHO recommended the vaccine for adults over the age of 18, with a second dose given 2-4 weeks later. There was no upper age limit because data indicated that it was likely to have a protective effect on the elderly.
In the Philippines, the government’s vaccine drive has largely relied on Sinovac, which comprised some 5.5 million of 8 million total jabs delivered to the country as of May.
Filipinos have been hesitant in being inoculated with Sinovac’s vaccine, which was the first to be rolled out in the country, and opted to wait for the other vaccines to become available.

世界保健機関(WHO)は、中国のメーカーであるシノバック社製のCOVID-19ワクチン「コロナバック」を緊急使用リスト(EUL)に掲載しました。マラカニアン宮殿は、この発表を歓迎し、同ワクチンがフィリピン内のワクチンへのためらいを抑え、予防接種活動に広く使用されると期待を示しています。
WHO長官のTedros Adhanom Ghebreyesus氏は記者会見で、「シノバック-コロナバック・ワクチンの安全性・有効性・品質が確認され、WHOの緊急使用リストに掲載されたことを発表できることを嬉しく思います」と述べました。E321「コロナバックは保管が簡単なので、低リソースの環境に非常に適しています」とも付け加えました。
WHOは18歳以上の成人にワクチンを推奨しており、2~4週間後に2回目の接種を行っています。高齢者にも予防効果がある可能性が高いというデータがあるため、年齢の上限は設けていません。
フィリピンでは、政府のワクチン活動は主にシノバックに依存しており、5月時点で国内に届けられた800万本のワクチンのうち、550万本がシノバックでした。
フィリピン人は、最初に導入されたシノバックのワクチンを接種することをためらい、他のワクチンが利用可能になるまで待つことを選択しました。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1440907/palace-who-approval-of-sinovac-should-curb-vaccine-hesitancy
https://www.rappler.com/nation/doh-says-who-sinovac-covid-19-vaccine-approval-advantage-philippines