A South Korean industrial designer has devised a satirical solution for “smartphone zombies” who can’t take their eyes off their screen long enough to avoid walking into a wall or other obstacle.
Paeng Min-wook, 28, has created “The Third Eye,” a robotic eyeball that obsessive mobile phone users can strap to their foreheads to browse safely while on the go. Paeng said he hoped would make people “recognize the severity of their gadget addiction and look back at themselves”.
Whenever the device detects that the user’s head has been lowered to look at a smartphone, it opens its translucent eyelid. When the user approaches an obstacle within 1 to 2 meters, the device beeps to warn of the impending danger.
“This is the look of future mankind with three eyes,” said Paeng, a postgraduate in innovation design engineering at the Royal College of Art and Imperial College London as he demonstrated the use of The Third Eye around Seoul.
The invention uses a gyro sensor to measure the oblique angle of the user’s neck and an ultrasonic sensor to calculate the distance between the robotic eye and any obstacles. Both sensors are linked to an open-source single-board microcontroller with a battery pack.
“I thought he looked like an alien with an eye on his forehead,” Seoul resident Lee Ok-jo said. “These days many young people can get into accidents while using their mobile phone. This would be good for them.”
According to Paeng, the Third Eye was intended as a warning rather than a real solution for smartphone addicts who don’t pay attention to where they’re going.

韓国の工業デザイナーが、壁や障害物にぶつからないように画面から目を離せない「スマートフォン・ゾンビ」を風刺するソリューションを考案しました。
Paeng Min-wook氏(28歳)が制作した「The Third Eye」は、携帯電話に夢中になっているユーザーが、外出先で安全に閲覧するため、額に装着する目玉型のロボットです。Paeng氏は、「自分のガジェット中毒の深刻さを認識し、自分自身を振り返るきっかけになれば」と語っています。
このデバイスは、ユーザーがスマートフォンを見るために頭を下げたことを検知すると、半透明のまぶたを開きます。また、1〜2メートル以内の障害物に近づくと、ビープ音で危険を知らせます。
ロイヤル・カレッジ・オブ・アートとインペリアル・カレッジ・ロンドンでイノベーション・デザイン・エンジニアリングを専攻しているペングは、「これは3つの目を持つ未来の人類の姿です」と言いながら、ソウル市内で「The Third Eye」の使用を実演しました。
この発明では、ジャイロセンサーでユーザーの首の斜めの角度を測定し、超音波センサーでロボットの目と障害物との距離を計算します。両センサーは、バッテリーパックを備えたオープンソースのシングルボード・マイクロコントローラーと連動しています。
ソウル在住のLee Ok-jo氏は、「額に目がある宇宙人のようだと思いました。最近では、携帯電話を使用中に事故に遭う若者も多い。これは彼らのためにも良いことだと思います」と述べています。
Paeng氏によると、「サード・アイ」は、前方不注意のスマートフォン中毒者のための真の解決策ではなく、警告を意図したものだといいます。

参照元:
https://technology.inquirer.net/110114/designer-creates-third-eye-for-smartphone-zombies
https://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/3136159/south-korean-designer-creates-robotic-third-eye-smartphone