The Group of Seven rich nations will attempt to bridge long-standing differences on Saturday, June 5, in order to reach a landmark agreement to clamp down on large corporations that they claim do not pay enough taxes.
G7 stated that it would support a minimum global corporation tax rate of at least 15%, and put in place measures to ensure that taxes are paid in the countries where businesses operate.
“After years of discussion, G7 finance ministers have reached a historic agreement to reform the global tax system to make it fit for the global digital age,” British finance minister Rishi Sunak told reporters.
The accord, which could serve as the foundation for a global agreement next month, aims to put an end to a decades-long “race to the bottom” in which countries competed to attract corporate behemoths with ultra-low tax rates and exemptions.
This has cost their public coffers hundreds of billions of dollars, a shortfall they now need to make up as soon as possible to cover the enormous cost of rescuing economies devastated by the coronavirus crisis.
“We commit to reaching an equitable solution on the allocation of taxing rights, with market countries awarded taxing rights on at least 20% of profit exceeding a 10% margin for the largest and most profitable multinational enterprises,” the copy of the final agreement read.
The ministers also agreed to move toward requiring companies to declare their environmental impact in a more standard way, making it easier for investors to decide whether to fund them, which is a key goal for Britain.
For years, rich nations have struggled to find a way to raise more revenue from large multinational corporations such as Google, Amazon, and Facebook, which frequently book profits in jurisdictions where they pay little or no tax.

先進7カ国(G7)は、6月5日(土)に、十分な税金を払っていないと主張する大企業を取り締まるための画期的な合意に達するために、長年の相違点を埋めようとしています。
G7は、世界の法人税の最低税率を15%以上とすることを支持し、企業が活動する国での納税を確実にするための措置を講じることを表明しました。
英国のリシ・スナック財務大臣は記者団に対し、「何年にもわたる議論の末、G7財務大臣は世界の税制を改革し、グローバルなデジタル時代に適したものにするという歴史的な合意に達した」と述べました。
この合意は、来月に予定されている世界的な合意の基礎となる可能性があります。この合意は、数十年にわたって続いた「底辺への競争」に終止符を打つことを目的としており、各国は超低税率や免除によって巨大企業を誘致しようと競い合ってきました。
これにより、各国の公的資金は数千億ドルの損失を被っており、コロナウイルス問題で壊滅的な打撃を受けた経済を回復させるために、早急に不足分を補う必要があります。
最終合意のコピーには、「我々は、最大かつ最も収益性の高い多国籍企業に対し、10%のマージンを超える利益の少なくとも20%に対する課税権を市場国に与えるという、課税権の配分に関する衡平な解決策に到達することを約束する」と書かれている。
また、企業が環境に与える影響をより標準的な方法で申告することを義務付けることにも合意しました。これにより、投資家は企業に資金を提供するかどうかを判断しやすくなります。
豊かな国々は長年にわたり、グーグル、アマゾン、フェイスブックなどの多国籍大企業からより多くの収入を得る方法を見つけるのに苦労してきました。これらの企業は、ほとんど、あるいは全く税金を払わない管轄区域で頻繁に利益を計上しています。

参照元:
https://newsinfo.inquirer.net/1442105/g7-nations-reach-historic-deal-to-tax-big-multinationals
https://www.rappler.com/business/g7-nations-deal-tax-multinational-companies