SpaceX launched a Falcon 9 rocket on its third trip to space carrying a high-power digital radio satellite into orbit for SiriusXM before returning to Earth. It took off on Sunday, June 6 at 12:26 a.m EDT ( 0426 GMT) from the Cape Canaveral Space Force Station, marking the company’s 18th Falcon 9 flight this year.
“We have a touchdown of Falcon 9,” said SpaceX’s Jessie Anderson during the launch webcast. “Today marks the 87th overall successful recovery of an orbital class rocket.”
Just three days prior, SpaceX had also launched a different Falcon 9 that blasted off from Pad 39A at the nearby Kennedy Space Center. It was loaded with a gumdrop-shaped cargo capsule bound for the International Space Station to deliver 7,300-lbs. (3,311 kilograms) of science gear and supplies.
Forecasters at the 45th Space Delta’s weather squadron predicted only a 60% chance of favorable launch conditions due to residual clouds leftover from some late-night storms on Saturday. Despite the iffy outlook, SpaceX was able to launch right on time.
The massive radio broadcasting satellite SMX-8 for this mission was successfully delivered by the 230-foot-tall (70m) Falcon, one of two satellites to be launched by SpaceX to replace the outdated ones currently in orbit.
SpaceX test-fired the veteran booster early Thursday morning (June 3) before the launch of a Dragon cargo mission at a neighboring launch pad to prepare for this flight. Following the test, the rocket was transported back into the hangar to be mated with its payload.
In May, the company launched four different Starlink missions, bringing the total number of its own broadband satellites launched up to 1,737.
SpaceX will next launch an upgraded GPS satellite for the U.S military scheduled to lift off from Space Launch Complex 40 at Cape Canaveral Space Force Station on June 17.

スペースX社は、3回目の宇宙旅行となるファルコン9ロケットを打ち上げ、高出力デジタルラジオ衛星をシリウスXM社の軌道に乗せ、地球に帰還させました。6月6日(日)日本時間午前12時26分(0426GMT)にケープカナベラル宇宙軍基地から離陸し、同社にとって今年18回目のファルコン9フライトとなりました。
スペースX社のジェシー・アンダーソン氏は、打ち上げのウェブキャストで、「ファルコン9のタッチダウンを行いました。今日は、軌道級ロケットの通算87回目の回収成功となりました」と述べています。
スペースX社はその3日前にも、別のファルコン9を打ち上げており、ケネディ宇宙センターの39Aパッドから爆走しました。このファルコン9には、国際宇宙ステーションに向けたガムドロップ型の貨物カプセルが搭載されており、7,300ポンド(3,311キログラム)の荷物を運んでいました。国際宇宙ステーションに向けたガムドロップ型のカプセルには、7,300ポンド(3,311キログラム)の科学機器や物資が搭載されています。
スペースデルタ第45飛行隊の気象予報士は、土曜日の深夜に発生した嵐の影響で雲が残っていたため、打ち上げ条件が良好になる確率は60%にとどまると予測していました。そんな中、スペースX社は予定通りの時刻に打ち上げを行いました。
このミッションのための巨大なラジオ放送衛星SMX-8は、高さ230フィート(70m)の「ファルコン」によって無事に届けられました。これは、現在軌道上にある古くなった衛星を置き換えるためにスペースX社が打ち上げる2つの衛星のうちの1つです。
スペースX社は、6月3日(木)早朝、隣接する発射台でのドラゴン貨物ミッションの打ち上げ前に、ベテランのブースターをテスト発射し、今回のフライトに備えました。テスト後、ロケットは格納庫に戻され、ペイロードとの結合が行われました。
5月には、4種類のスターリンク・ミッションを打ち上げ、自社のブロードバンド衛星の打ち上げ総数は1,737基に達しました。
スペースX社は次に、6月17日にケープカナベラル宇宙軍基地のスペースローンチコンプレックス40から離陸する予定の米軍向けアップグレードGPS衛星を打ち上げる予定です。

参照元:
https://www.space.com/spacex-sirius-xm-sxm-8-rocket-launch-landing-success
https://spaceflightnow.com/2021/06/06/spacex-delivers-for-siriusxm-with-successful-midnight-hour-launch/