The ousted Myanmar leader Aung San Suu Kyi will go on trial beginning next week, her lawyer said, as the Nobel laureate faces a string of criminal charges including flouting coronavirus restrictions during last year’s election campaign and possessing unlicensed walkie-talkies.
Myanmar has been in a state of upheaval since Suu Kyi was deposed in a February 1 coup, with almost daily protests and a nationwide civil disobedience movement. Nearly 850 civilians were killed since, according to a local monitoring group.
“We will get testimonies from plaintiff and witnesses starting from next hearing,” scheduled for Monday, June 14, lawyer Min Min Soe said Monday after meeting the detained Suu Kyi in the capital Naypyidaw. Proceedings are expected to wrap up by July 26, according to Suu Kyi’s legal team.
Suu Kyi’s lawyers have met with her just twice since the junta placed her under house arrest, with weeks of delays to her legal case and her lawyers struggling to gain access to their client.
Suu Kyi, 75 will also appear in a separate trial slated to begin on June 15, where she is charged with sedition alongside ousted president Win Myint and senior NLD leader Dr Myo Aung, the lawyer said.
Over alleged voter fraud, Myanmar’s junta has also threatened to dissolve her political party, the National League for Democracy, which won elections in 2020.
There was a heavy police presence around the Naypyidaw council compound, close to where the court is located, with roadblocks along streets leading to the area, a media report said.
The ousted leader is also facing a separate charge of violating a colonial-era secrecy law, a pending case in a court in the commercial hub Yangon.

ミャンマーの指導者でありノーベル賞受賞者のアウン・サン・スー・チー氏は、昨年の選挙キャンペーン中にコロナウイルス規制に違反したことや、無免許でトランシーバーを所持していたことなど、一連の刑事責任のため、来週から裁判にかけられると彼女の弁護士が述べました。
ミャンマーでは、2月1日のクーデターでスーチー氏が退陣して以来、ほぼ毎日のように抗議活動が行われ、全国的な市民の不服従運動が展開されるなど、騒乱状態が続いています。現地の監視団体によると、その後850人近くの民間人が殺害されたといいます。
「6月14日(月)に予定されている次回の審理から、原告と証人の証言を得ることになるだろう」と、ミン・ミン・ソー弁護士は月曜日、首都ネーピードーで拘束されているスーチー氏と面会した後に語りました。スーチー氏の弁護団によると、審理は7月26日までに終了する予定です。
政権がスーチー氏を軟禁して以来、スーチー氏の弁護士はわずか2回しか会っておらず、彼女の訴訟は何週間も遅延し、弁護士は依頼人との面会に苦労しています。
弁護士によると、スーチー氏(75歳)は、6月15日に開始される予定の別の裁判にも出廷し、失脚した大統領のウィン・ミント氏やNLD幹部のミョー・アウン氏とともに扇動罪で起訴されるといいます。
不正投票の疑いで、ミャンマーの政権は、2020年の選挙で勝利した彼女の政党「国民民主連盟」を解散させるとも脅しています。
裁判所がある場所に近いナイピドー議会の敷地周辺では、警察が厳重に警備しており、周辺に通じる通りでは道路が封鎖されていたとメディアが伝えています。
更迭された指導者は、植民地時代の秘密保持法違反という別の罪にも問われており、商業の中心地であるヤンゴンの裁判所で係争中です。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/overseas/06/07/21/myanmars-suu-kyi-to-go-on-trial-next-week
https://www.ndtv.com/world-news/trial-of-myanmars-suu-kyi-to-begin-next-monday-lawyer-2458108