The 67-year old Italian artist Salvatore Garau auctioned off an “immaterial sculpture” for $18,300 — an artwork that is…well, invisible.
The invisible sculpture is entitled ‘Io Sono’, or ‘I am’, and for Garau, his artwork finds form in its own nothingness.
“The vacuum is nothing more than a space full of energy, and even if we empty it and there is nothing left, according to the Heisenberg uncertainty principle, that nothing has a weight,” he told the Spanish news outlet. “Therefore, it has an energy that is condensed and transformed into particles, that is, into us.”
Lo Sono went up for sale in May at the Italian auction house Art-Rite. It was initially put up for auction at between $6000 and $9000. However, the price was actually raised after a flurry of initial bids.
There are very specific instructions about how the sculpture should be displayed – about five feet by five feet, to be exact. But those living in low-light or humid conditions needn’t worry as it doesn’t have any specific lighting or climate requirements.
“When I decide to ‘exhibit’ an immaterial sculpture in a given space, that space will concentrate a certain amount and density of thoughts at a precise point, creating a sculpture that, from my title, will only take the most varied forms,” the artist went on.
The lucky buyer went home with a certificate of authenticity.
Lo Sono isn’t the only artwork of its kind in Garau’s oeuvre. In February of this year, at the Piazza Della Scala in Milan, the artist exhibited BUDDHA IN CONTEMPLATION, a similarly invisible sculpture demarcated by a square of tape on a cobble-stoned walkway.
Meanwhile, this week, he installed AFRODITE CRIES in front of the New York City stock exchange. The effort, evidenced by an empty white circle, was supported by the Italian Cultural Institute.

67歳のイタリア人アーティスト、Salvatore Garauは、18,300ドルで「”非物質的な彫刻” – つまり目に見えない作品」をオークションに出品しました。
この目に見えない彫刻は「Io Sono」、つまり「私は私」と題され、Garau氏にとって作品は無の中に形を見出すものなのです。
「真空とは、エネルギーに満ちた空間にほかならず、たとえそれを空にして何も残らなかったとしても、ハイゼンベルクの不確定性原理によれば、何もない状態には重さがあるのです」と、彼はスペインのニュースで語っています。「したがって、エネルギーは凝縮されて粒子に変換され、つまり私たちの中にあるのです」
「Lo Sono」は、5月にイタリアのオークションハウスArt-Riteに、当初6000ドルから9000ドルで出品されました。しかし、最初の入札が殺到したため、実際には価格が引き上げられました。
この彫刻は、5×5フィートの大きさで展示するよう非常に具体的な指示があります。しかし、光量や湿度に関しては心配する必要はありません。
「私が非物質的な彫刻をある空間に “展示 “しようと決めたとき、その空間は一定の量と密度の思考を正確な点に集中させ、私のタイトルから最も多様な形をとるだけの彫刻を作り出すことになります」と作家は語っています。
この落札者には、作品が本物であると証明する証明書が付与されました。
ガロウの作品の中で、この種の作品は「Lo Sono」だけではありません。今年の2月には、ミラノのスカラ広場に「BUDDHA IN CONTEMPLATION」を展示しました。石畳の歩道に四角いテープで区切られた見えない彫刻です。
一方、今週、彼はニューヨークの証券取引所の前に「AFRODITE CRIES」を設置しました。この作品は、イタリア文化会館の支援を受けて制作されました。

参照元:
https://news.artnet.com/art-world/italian-artist-auctioned-off-invisible-sculpture-18300-literally-made-nothing-1976181
https://www.creativebloq.com/news/invisible-sculpture-18k