Cebu province will maintain its swab-upon-arrival policy now that Mactan-Cebu International Airport (MCIA) is accepting international flights again. This comes after the Malacañang issued a memorandum on May 27, 2021, ordering all international flights bound for the MCIA to be diverted to the Ninoy Aquino International Airport for eight days beginning at 12:01 a.m. of May 29 until 11:59 p.m. of June 5, 2021.
While the same memorandum also states President Rodrigo Duterte’s order to enforce the testing and quarantine protocols set by the Inter-Agency Task Force (IATF) for the Management of Emerging Infectious Diseases in all ports of entry nationwide, Governor Gwendolyn Garcia announced on Monday, June 7, that key government officials in Cebu decided they would continue to implement the Swab-Upon-Arrival policy at the airport.
“They were all in agreement that the provincial board ordinance is the recognized local law of the land. Unless it is otherwise declared ultra vires by a proper court,” said Garcia during her press conference today, June 7.
Andrew Acquaah-Harrison, GMR-Megawide Cebu Airport Corporation (GMCAC) chief executive advisor, in a separate interview, said that the MCIA reopened to international flights since June 6. He said the first two flights that landed were from Doha, Qatar via Qatar Airways, and Singapore via Scoot.
Harrison said they followed the province’s swab-upon-arrival rule, and that they would still implement a limit in the number of international passengers to arrive here — at 300 per day.
The Swab-Upon-Arrival for Returning Overseas Filipinos (ROFs) and Overseas Filipino Workers (OFWs) was first formed through Executive Order (EO) No. 17 and issued last March. It was formalized and incorporated into local laws after the Provincial Board passed an ordinance of the same nature last May.

マクタン・セブ国際空港(MCIA)が再び国際線の受け入れを開始、セブ州は到着時のPCR SWAB検査ポリシーを継続するとのことです。これはマラカニャンが2021年5月27日に発行した、5月29日午前12時1分から6月5日午後11時59分までの8日間、MCIA行きのすべての国際便をニノイ・アキノ国際空港に迂回させる指示を受けてのことです。
同覚書には、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、新興感染症管理のための機関間タスクフォース(IATF)が設定した検査・検疫プロトコルを全国のすべての入国港で実施するよう指示したことも明記されていますが、グウェンドリン・ガルシア知事は6月7日(月)、セブ島の主要な政府関係者が、空港でのSwab-upon-arrival政策を継続することを決定したと発表しました。
本日6月7日の記者会見でガルシアは「セブ州政府は、州議会の条例がこの国の法律として認められていることに同意しました。」と述べています。
GMR-Megawide Cebu Airport Corporation (GMCAC)の最高経営顧問であるAndrew Acquaah-Harrison氏は、別のインタビューで、MCIAは6月6日から国際便の運航を再開したと述べました。同氏によると、最初に着陸したのはカタール航空を利用したカタール・ドーハ発と、スクートを利用したシンガポール発の2便でした。
ハリソン氏によると、彼らは州のスワブ・アップオン・アライバル規約に従っており、今後も1日300人という国際線旅客の到着数の制限を実施するといいます。
帰国する海外フィリピン人(ROF)と海外フィリピン人労働者(OFW)のためのスワブ・アップオン・アライバルは、昨年3月に発行された大統領令(EO)第17号によって初めて形成されました。昨年5月に州委員会が同内容の条例を可決したことで、正式に地方法に組み込まれました。

参照元:
https://cebudailynews.inquirer.net/381390/cebu-sticks-to-own-swabbing-policy-as-intl-flights-return-to-mcia/amp
https://www.sunstar.com.ph/ampArticle/1896962