1,800 kilograms of okra were exported to Incheon in South Korea via flag carrier Philippine Airlines (PAL) on Sunday, June 6. The Philippines finally sent its first commercial okra shipment to South Korea after ten years of negotiations, Agriculture Secretary William Dar said over the weekend.
“This will strengthen our efforts to really support the high-value crops not only for local consumption but also for exports,” Dar said.
Okra was previously exported to Japan, and the exporter, Hi-Las Marketing Corp. and Jet Farm Fresh Produce has now made inroads into the Korean vegetable market.
A send-off ceremony was held Sunday at the PAL International Cargo Terminal to commemorate the expansion of okra exports.
Agriculture Secretary William D. Dar and Trade Secretary Ramon M. Lopez, as well as representatives from the Philippine Chamber of Commerce and Industry, the Bureau of Plant Industry (BPI), and the Philippine Okra Producers and Exporters Association (POPEA), were present to witness the okra shipment’s acceptance and cargo loading.
“Today’s cargo flight is a milestone for the Philippine agri-business sector. It reflects the business opportunities that new markets – like Korea – are currently giving the farming and export sectors,” PAL said.
According to Agriculture Attachè Aleli Maghirang in a report to Dar, the Korean government announced the completion of the ruling process for Philippine okra market access on May 6 through the official notification from the Ministry of Agriculture, Food and Rural Affairs (MAFRA).
In Korea, Maghirang said okra is not as “mainstream” as radish, cabbage, cucumber, potato, and sprouts, which are parts of many Korean dishes. Some Koreans eat okra as “banchan” (side dish), including “okra muchim” (seasoned) or “okra kimchi” (pickled/fermented).

6月6日(日)、1,800キログラムのオクラがフィリピン航空(PAL)を通じて韓国の仁川に輸出されました。フィリピンは、10年にわたる交渉の末、ついにオクラの商業出荷を韓国に初めて送ったと、ウィリアム・ダー農務長官が週末に語りました。
ダール農務長官は、「これにより、高付加価値作物を国内消費だけでなく、輸出も含めて真に支援するための努力が強化されます」と述べました。
オクラはこれまで日本へは輸出されていましたが、今回初めて、輸出業者であるハイラス・マーケティング社とジェットファーム・フレッシュ・プロデュース社により韓国の野菜市場へ進出しました。
オクラの輸出拡大を記念して、日曜日にPAL国際貨物ターミナルで送り出し式が行われました。
ウィリアム・D・ダール農務長官、ラモン・M・ロペス貿易長官をはじめ、フィリピン商工会議所、植物産業局(BPI)、フィリピン・オクラ生産者・輸出者協会(POPEA)の代表者らが出席し、オクラの出荷を受理して貨物を積み込む様子を見守りました。
「本日の貨物便は、フィリピンのアグリビジネス分野にとって画期的な出来事です。これは、韓国のような新しい市場が農業や輸出部門に与えているビジネスチャンスを反映したものです」とPALは述べています。
アレリ・マギラン農業担当官がダール大学に報告したところによると、韓国政府は5月6日、農業・食料・農村問題省(MAFRA)からの公式通知により、フィリピン産オクラの市場アクセスに関する裁定プロセスが完了したことを発表しました。
韓国では、オクラは多くの韓国料理の一部である大根、キャベツ、キュウリ、ジャガイモ、もやしのように「主食」ではないとMaghirang氏は言います。韓国では、オクラをキムチ(漬物)やムチム(和え物)などの「バンチャン」(おかず)として食べる人もいます。

参照元:
https://businessmirror.com.ph/2021/06/07/local-firm-ships-okra-to-s-korea-via-flag-carrier/
https://news.abs-cbn.com/business/06/07/21/philippines-now-exports-okra-to-south-korea