The officials of the Board of Investments in the Philippines disclosed they are eyeing some Japanese pharmaceutical companies that will invest in the country.
“As we work to Build Back a Better Philippines, we recognize the importance of our international partners like Japan. With the developments in health insurance schemes, health systems, and increasing investments in public health, the Philippines can serve as Japan’s market for pharmaceutical products,” said Trade Undersecretary and BOI Managing Head Ceferino Rodolfo during the Philippine Pharmaceutical Industry Updates for Japan Webinar.
He noted that the Philippines can be a good production base for Japanese companies’ pharmaceutical exports. He also mentioned that the country is “Japan’s closest ASEAN country in terms of geographical proximity,” as he showcased the competitive advantage of the Philippines as a manufacturing base for Japanese pharmaceutical companies.
The event was also supported by the Philippine Consulate General in Osaka and the Japan Pharmaceuticals Manufacturers Association (JPMA), and it was able to attract attendees and representatives from over 250 Japanese companies involved not only in the pharmaceutical industry but also in related industries such as medical devices, and participants from the academe.
“We believe that your country is an attractive business destination and we hope that more Japanese pharmaceutical companies will operate in the Philippines. We also wish to deepen our cooperation for this industry,” Takashi Kunieda, KPIA Director-General, said during the event.
Undersecretary Ceferino Rodolfo echoed that it is imperative to strengthen the partnership with Japan particularly in the pharmaceutical sector, including in the areas of R&D, product development, and innovation, pointing out that the Philippine pharmaceutical market has an estimated value of about US$4.6 billion, with around 46 manufacturers, 650 importers, and 4,800 distributors with around 98 percent of active pharmaceutical ingredients (APIs) sourced from abroad as imports have grown by 15 percent between 2015 to 2019.
Japan is the country’s 2nd top export market for pharmaceutical products in 2019, specifically bandages and dressings. On the other hand, the top imports from Japan in the same year include medicaments and penicillin, nucleic acids and salts, and vitamins. Since 2015, exports to Japan grew by 18.24% while imports increased by 8.22%.

フィリピン投資委員会(Board of Investments in the Philippines)の関係者は、日本の製薬会社がフィリピンへの投資を検討していることを明らかにしました。
「より良いフィリピンを取り戻すためには、日本のような国際的なパートナーが重要であることを認識しています。健康保険制度や医療システムの発展、公衆衛生への投資の増加に伴い、フィリピンは日本の医薬品市場としての役割を果たすことができます」と、貿易事務次官兼BOIマネージングヘッドのセフェリーノ・ロドルフォ氏は、”日本向けフィリピン医薬品産業アップデートセミナー”で述べました。
同氏は、日本企業が医薬品を輸出する際、フィリピンは良い生産拠点となり得ると述べました。また、「日本にとって地理的に最も近いASEAN諸国」であることにも言及し、日本の製薬企業の製造拠点としてのフィリピンの競争力の高さをアピールしました。
このイベントは、在大阪フィリピン総領事館と日本製薬工業協会(JPMA)の後援もあり、製薬業界のみならず、医療機器などの関連業界に携わる250社以上の日本企業の参加者や代表者、学界からの参加者を集めることができました。
「私たちは、貴国が魅力的なビジネスの場であると信じており、より多くの日本の製薬会社がフィリピンで事業を展開することを願っています。また、この業界での協力関係を深めていきたいと考えています」と、国枝孝KPIA事務局長はイベントの中で語りました。
セフェリーノ・ロドルフォ次官は、研究開発、製品開発、イノベーションなど、特に医薬品分野における日本とのパートナーシップを強化することが不可欠であると述べた上で、フィリピンの医薬品市場は約46億米ドルと推定され、約46のメーカー、約650の輸入業者、約4,800の販売業者が存在し、2015年から2019年の間に輸入量が15%増加していることから、有効医薬品成分(API)の約98%が海外から調達されていると指摘しました。
日本は、2019年の医薬品の輸出市場の第2位で、具体的には包帯や創傷被覆材が挙げられます。一方、同年の日本からの輸入上位は、医薬品・ペニシリン、核酸・塩類、ビタミン類などです。2015年以降、日本への輸出は18.24%増、輸入は8.22%増となっています。

参照元:
https://boi.gov.ph/japanese-pharma-firms-being-eyed-to-invest-in-the-philippines/