A recent international film festival in New York City recognized a short tourism video featuring snippets of the top attractions of the Sarangani Province in the Philippines.
The video advertisement feature “Sarangani” received the Gold Excellence Award at the 11th International Film Festival in Manhattan (IFFM) spring edition, which took place from May 28 to 30.
Michelle Lopez Solon, Sarangani tourism council chairperson, and the video’s director said in a statement on Friday they submitted the tourism video under the corporate category. She said it was among the 15 entries from the Philippines that made the cut in the IIFM, which was joined by nine other countries.
A briefer posted on the IIFM website said the two-minute video advertisement features “snippets and footage of the various experiences people can enjoy in Sarangani” such as its vibrant beach festivals and parties, water sports, white water rafting, scuba diving, paragliding, sightseeing, and cultural immersions.
The video showcases Sarangani’s natural resources and tourist destinations, including landscapes, white-sand beaches, and diverse inland bodies of water, as well as the ethnic diversity of the area, showing a glimpse of the preserved and honored indigenous cultures.
“It boasts of the people’s efforts to keep Sarangani environmentally sustainable and clean,” it said.
The provincial official said they joined the film festival to show to the world “that somewhere down in the Philippines, a beautiful place exists, worth visiting and exploring very soon.”
Sarangani is a province of the Philippines located in the SOCCSKSARGEN region in Mindanao.
“We really wanted people to take a look into the province. That we are a beautiful province. That it should be one of the bucket lists for them to visit one day,” Solon added.

先日ニューヨークで開催された国際映画祭で、フィリピンのサランガニ州の魅力を凝縮した観光ショートムービーが評価されました。
5月28日から30日まで開催された第11回マンハッタン国際映画祭(IFFM)春季版で、ビデオ広告特集「Sarangani」がゴールド・エクセレンス・アワードを受賞しました。
サランガニ観光協議会会長のミッシェル・ロペス・ソロン氏とビデオの監督は、金曜日の声明で、この観光ビデオを企業部門に応募したと述べています。彼女によると、このビデオは、他の9カ国が参加したIIFMにおいて、フィリピンから選ばれた15作品のうちの1つであるとのことです。
IIFMのウェブサイトに掲載されている概要によると、2分間のビデオ広告には、活気あるビーチフェスティバルやパーティー、ウォータースポーツ、ホワイトウォーターラフティング、スキューバダイビング、パラグライディング、観光、文化体験など、「サランガニで楽しめる様々な体験の断片や映像」が盛り込まれています。
このビデオでは、サランガニの景観、白砂のビーチ、多様な内陸部の水域などの自然資源や観光地が紹介されているほか、この地域の民族の多様性も紹介されており、先住民族の文化への尊重が垣間見えます。
ビデオでは「サランガニを環境的に持続可能でクリーンな状態に保つための人々の努力を誇りに思っている」ことが示されています。
州政府の担当者は、「フィリピンのどこかに美しい場所があり、すぐにでも訪れて探索する価値がある」ことを世界に示すために、この映画祭に参加したと述べています。
サランガニ州は、ミンダナオ島のソックスカルゲン地域に位置するフィリピンの州です。
「私たちは、人々にこの州を見てもらいたいと思いました。美しい州であること。いつかは訪れたいバケットリストのひとつになるはずです」とソロンは付け加えています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1142677