Alibaba Cloud, the digital intelligence backbone of Alibaba Group, eyes to build its first data center in the Philippines which they tagged as its “most important market” in the Asia-Pacific region, by the end of this year.
Leo Liu, general manager for Hong Kong, Macau and the Philippines, said in a media roundtable Tuesday, June 8, 2021, that the data center will allow Alibaba Cloud to assist more companies in the Philippines in their data transformation journeys.
“Cloud computing has become central to the digitalization of business in the Philippines and around Asia. With our first data center in the country, we will be able to better support Philippine enterprises in adopting cloud technologies and preparing for a digital-first future,” Liu said.
The new data center will extend the reach of Alibaba Cloud’s offerings in the Philippines, ranging from elastic computing, database, security, and network services to machine learning and data analytics capabilities. It will be built in Metro Manila and will launch within 2021.
“We can see that the Philippine economy is performing well amid the pandemic and as it recovers, these opportunities will be of great help to the government because this is a big hit for income generation,” Liu said.
Allen Guo, Alibaba Cloud Intelligence country manager, said the data center will bring the company’s total availability zones to 76 spread across 25 regions worldwide. He said they have updated their cloud services to tailor to the needs of Philippine companies.
In Liu’s presentation, he shared that Alibaba will invest USD1 billion for a program benefitting Asian countries with a vision to foster about 1,000,000 digital talents, empower 100,000 developers, and accelerate the growth of 100,000 tech startups.
In 2020, Alibaba Cloud announced the formation of the Philippines Ecosystem Alliance to fast-track the digitalization of local businesses and support the government’s Cloud First Policy.
The company also aims to train 50,000 local information technology professionals and help 5,000 businesses migrate online by 2023.

アリババ・グループのデジタル・インテリジェンス・バックボーンであるアリババ・クラウドは、アジア太平洋地域で「最も重要な市場」と位置づけているフィリピンに、今年中に最初のデータセンターを建設する予定です。
香港・マカオ・フィリピン担当ゼネラルマネージャーのレオ・リューは、2021年6月8日(火)に行われたメディアラウンドテーブルで、このデータセンターの建設により、アリババクラウドはフィリピンのより多くの企業のデータトランスフォーメーションの旅を支援できるようになると述べました。
「クラウドコンピューティングは、フィリピンおよびアジア各地のビジネスのデジタル化の中心となっています。フィリピン初のデータセンターにより、当社はフィリピン企業のクラウド技術の導入とデジタルファーストの未来への準備を支援することができます」と述べています。
この新しいデータセンターは、エラスティックコンピューティング、データベース、セキュリティ、ネットワークサービスから機械学習やデータ分析機能まで、アリババクラウドがフィリピンで提供するサービスの範囲を拡大します。マニラ首都圏に建設され、2021年内に立ち上げる予定です。
「フィリピン経済が、パンデミックの中でも順調に推移していることがわかります。これは経済の回復の大きなきっかけとなり、政府にとっても大きな助けとなるでしょう。」とLiuは述べています。
Alibaba Cloud IntelligenceのカントリーマネージャーであるAllen Guoは、このデータセンターの開設により、同社のアベイラビリティーゾーンは世界25地域で76になると述べています。また、フィリピンの企業のニーズに合わせて、クラウドサービスを更新したといいます。
劉氏のプレゼンテーションでは、アリババがアジア諸国を対象としたプログラムに10億米ドルを投資し、約100万人のデジタル人材を育成し、10万人の開発者に力を与え、10万社の技術系スタートアップの成長を加速させるというビジョンが示されました。
2020年、アリババクラウドは、地元企業のデジタル化を迅速に進め、政府のクラウドファースト政策を支援するため、フィリピンエコシステムアライアンスの設立を発表しました。
また、2023年までに5万人の現地の情報技術者を育成し、5,000社の企業のオンライン移行を支援することを目指しています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1142982
https://www.sunstar.com.ph/ampArticle/1897078