Filipino gymnastics sensation Carlos Yulo recently snatched a bronze medal in the parallel bars of the 2021 All Japan Apparatus Championships in Takasaki increasing his chances for the country’s first Olympic gold in the Tokyo Games next month.
The 21-year-old 2019 world floor exercise champion finished third with a total of 14.966 from 6.400 on difficulty and 8.566 on execution, behind Japanese Yusuke Tanaka and Kaito Sugimoto, whom both won gold with identical 15.400 points.
The Gymnastics Association of the Philippines lauded Yulo for his achievement. “Great performance Caloy! We can’t wait to see you defy the gravity in the Olympics!” the national federation said.
Yulo is hoping to maximize his golden chances by competing not only in his pet floor exercise where he won the world championship gold in Stuttgart, Germany but also in the individual all-around event where he has made significant progress.
Yulo claimed an Olympic seat after a 10th-place finish in Stuttgart in October 2019 to become the second Filipino to make the cut next to pole-vaulter EJ Obiena, who claimed his spot in Chiari, Italy the month before.
They were since joined by boxers Eumir Marcial, Irish Magno, Nesthy Petecio, and Carlo Paalam, 2016 Rio Games weightlifting silver medalist Hidilyn Diaz, rower Cris Nievarez, jin Kurt Barbosa and skateboarder Margie Didal.
Yulo who is currently based in Japan for his Olympic preparations also won two golds and five silvers in the 2019 Southeast Asian Games held in Manila.

フィリピンの体操界のセンセーション、カルロス・ユロは、高崎で開催された2021年全日本体操種目別選手権の平行棒で銅メダルを獲得し、来月開催される東京オリンピックでの同国初の金メダル獲得の可能性を高めました。
21歳の2019年世界ゆか種目チャンピオンは、難易度6.400、実行度8.566の合計14.966で、同15.400点で金メダルを獲得した日本人の田中佑典と杉本海斗に次いで3位となりました。
フィリピン体操協会は、ユロの功績を称えました。「カロイの素晴らしいパフォーマンス!オリンピックで重力に逆らうあなたの姿を見るのが待ち遠しいです!」とフィリピン連盟はコメントしています。
ユロは、ドイツのシュツットガルトで開催された世界選手権で金メダルを獲得したゆか種目だけでなく、大きな進歩を遂げた個人総合競技にも出場して、金メダルのチャンスを最大限に狙っています。
ユロは2019年10月のシュツットガルト大会で10位入賞を果たし、前月のイタリア・キアリ大会で出場権を主張した棒高跳びのEJ・オビエナに次ぐ、フィリピン人2人目のオリンピック出場権を獲得しました。
その後、ボクサーのエウミール・マルシャル、アイリッシュ・マグノ、ネスティ・ペテシオ、カルロ・パーラム、2016年リオ大会重量挙げ銀メダリストのヒディリン・ディアス、漕ぎ手のクリス・ニエバレス、ジンのカート・バルボサ、スケートボードのマージー・ディダルが加わりました。
現在、オリンピックの準備のため日本に拠点を置いているユロは、マニラで開催された2019年東南アジア競技大会でも金メダル2個、銀メダル5個を獲得しています。

参照元:
https://www.cnnphilippines.com/sports/2021/6/8/Carlos-Yulo-wins-bronze-Japan-meet.html
https://www.philstar.com/sports/2021/06/09/2104202/yulo-boosts-olympic-confidence-bronze-japan