フィリピンのオランダ商工会議所(DCCP)は、NLinBusinessと共同でKLM Royal Dutch Airlinesの後援を得て、フィリピンのDoing Business Roadshowを通して機会を促進してきました。

5月18日から6月3日までの5回のセッションを通じて、DCCPはオランダでフィリピンが提供する様々な経済的・ビジネスチャンスにビジネスを紹介した。

ロードショーでは、農業・食料、海運・物流、循環経済、IT・技術など、オランダの企業が世界中で卓越してきた産業特有の角度についても説明しました。 このロードショーには、オランダのビジネス関係者と起業家、フィリピンのビジネス界、その他の利害関係者が参加し、200名を超える参加者が集まりました。

DCCPのロードショーは、オランダのフィリピン大使館、フィリピンのオランダ王国大使館、フィリピン貿易投資センター(PTIC)-ブリュッセル、オランダのフィリピン・オランダ経済評議会をはじめとする様々なオランダのクラスターや企業組織の支援を受けました。

オランダは、過去5年間を通じて、フィリピンのBOI承認投資の上位5カ国の中で一貫してランク付けされており、2020年のフィリピンのFDI総額の6.1%を占めている。 また、オランダはフィリピンにとって欧州最大の貿易相手国の1つであり、欧州連合への輸出では第2位、輸入では第3位となっている。

フィリピンでは、農業、食品製造、土地埋め立て、水管理、銀行・金融、マンニング、(再生可能)エネルギー、BPOなどの分野で、オランダの事業が成功しています。

出典:
https://business.inquirer.net/32507