South Korea’s Economic Development Cooperation Fund (EDCF) and the Philippines’ Department of Agriculture (DA) have collaborated on a USD1.2 million project to improve the Philippines’ swine industry.
The “Feasibility Study on Enhancing Meat Safety and Quality through Establishment of Modern Livestock Infrastructure and Inspection Facilities with Traceability Systems” is “important, critical, urgent, timely and high impact that if successfully implemented will benefit livestock industry,” DA Secretary William Dar said in a statement on Monday, June 14.
The said study is based on five components: installation of new inspection equipment; establishment of modern livestock facilities with global standard meat complex in Regions 3 (Central Luzon) or 4-A (Calabarzon); development and implementation of information and communications technology system; capacity-building; and policy recommendation.
With this, a meat enhancement facility is eyed to rise in 2023 in Calabarzon, one of the regions where structures for the improvement of the swine industry will be constructed under the project. It will have a slaughterhouse, storage facility, meat cutting, and packaging facilities, carcass auction market wholesaling space, and chilling and freezing warehouses.
The study will also pave the way for the establishment of a Meat Academy, a Philippine training center for meat slaughtering and processing; a 50-ton capacity feed mill; and the expansion of the Regional Animal Disease Diagnostic Laboratory and the National Meat Inspection System (NMIS) laboratory.

韓国の経済開発協力基金(EDCF)とフィリピン農業省(DA)は、フィリピンの養豚業の向上を目的とした120万米ドルのプロジェクトを共同で実施しました。
ウィリアム・ダー農務省長官は、6月14日(月)に発表した声明の中で、”トレーサビリティーシステムを備えた近代的な家畜インフラと検査施設の設立による食肉の安全性と品質の向上に関するフィージビリティー・スタディ”は、「重要、危機的、緊急、時宜を得たものであり、成功裏に実施されれば家畜産業に利益をもたらすものである」と述べています。
この研究は、新しい検査機器の設置、第3地域(中央ルソン)または第4-A地域(カラバルソン)に世界標準の食肉複合施設を備えた近代的な畜産施設の設置、情報通信技術システムの開発と導入、能力開発、政策提言の5つの要素に基づいています。
このプロジェクトでは、養豚業の改善のための構造物が建設される地域の1つであるカラバルソンに、2023年に食肉強化施設が建設される予定です。この施設には、屠殺場、貯蔵施設、肉のカット、包装施設、枝肉のオークション市場の卸売スペース、冷蔵・冷凍倉庫などが設置される予定です。
また、食肉処理と加工のためのフィリピンのトレーニングセンターであるMeat Academyの設立、50トン容量の飼料工場、地域動物疾病診断研究所と国家食肉検査システム(NMIS)研究所の拡張などの道筋もつけられる予定です。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1143689