More processed meat products are allowed to be exported to Japan as the Philippines is now included in Tokyo’s list of certified countries that implement reliable Hazard Analysis and Critical Control Point (HACCP) hygiene management.
The National Meat Inspection Service (NMIS) said the Philippines was included in the list of the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare (MHLW) released last May 26. Citing Japan’s Food Sanitation Law, only meat manufactured with HACCP-based hygiene management can be imported into Japan, according to the NMIS, an attached agency of the Department of Agriculture.
“The Philippines has been exporting chicken meat to Japan, but as a result of this new recognition, we are now eligible to export beef, carabeef, pork, chevon, mutton, and their by-products to Japan,” it said in a statement.
According to Philippine Statistics Authority (PSA) data, the Philippines exported 340.467 metric tons (MT) of frozen chicken meat and meat products worth $1.08 million to Japan last year.
HACCP is a science-based, systematic protocol that identifies hazards and measures for their control to ensure food safety.
Under the Philippines-Japan Economic Partnership Agreement, which went into effect in December 2008, the country is eager to export more agricultural products to Japan.
Japan is one of the largest export destinations and foreign investment sources of the Philippines.
According to PSA data, the Philippines had a trade surplus with Japan of $1.74 billion last year, up from P94.96 million in 2019. Cavendish bananas, pineapple, coconut oil, and chicken yakitori are among the country’s major agricultural exports to Japan.

HACCP(危害分析重要管理点)の衛生管理を確実に実施していると東京都が認定した国のリストにフィリピンが含まれたことにより、日本への加工肉製品の輸出がより多く認められるようになりました。
国家食肉検査局(NMIS)によると、フィリピンは日本の厚生労働省が5月26日に発表したリストに含まれているといいます。農務省の付属機関であるNMISによると、日本の食品衛生法に基づき、HACCPに基づく衛生管理で製造された食肉のみが日本に輸入できるといいます。
「フィリピンはこれまで鶏肉を日本に輸出していましたが、今回の新たな認定により、牛肉、カラビフ、豚肉、シェボン、マトン、およびそれらの副産物を日本に輸出することができるようになりました」との声明を発表しました。
フィリピン統計局(PSA)のデータによると、フィリピンは昨年、冷凍鶏肉および肉製品を340.467トン(108万ドル相当)、日本に輸出しています。
HACCPとは、食品の安全性を確保するために、科学的根拠に基づいた体系的なプロトコルで、ハザード(危険)とその制御方法を特定するものです。
2008年12月に発効した日比経済連携協定に基づき、フィリピンは日本への農産物の輸出拡大を切望しています。
日本は、フィリピンにとって最大の輸出先であり、外国投資の源泉の一つでもあります。
PSAのデータによると、フィリピンの対日貿易黒字は昨年17億4,000万ドルで、2019年の9,496万ペソから増加しています。キャベンディッシュバナナ、パイナップル、ココナッツオイル、鶏肉の焼き鳥などが、同国の日本への主要な農産物輸出品です。

参照元:
https://businessmirror.com.ph/2021/06/10/phl-may-export-pork-beef-to-japan-nmis/
https://www.philstar.com/business/2021/06/13/2105039/japan-allows-entry-processed-meat-philippines/amp/