財務省によると、フィリピンの金融・貿易担当責任者は、7月10日の期限前に企業再生・企業に対する税制優遇措置(CREATE)法の施行規則(IRR)に署名したという。

法人税の軽減を目的としたCREATE法は、3月にデュターテ大統領が署名した。

企業再生・企業に対する税制優遇措置(CREATE)法の税制上のインセンティブ改革の実施規則・規制(IRR)への署名は、より多くの投資を呼び込み、経済回復を促進するという政府の目的を急速に開始するであろう。

投資家は、2021年6月21日にIRRが署名された後、フィリピンへの投資に関する意思決定を行うために「より強固な基盤」を獲得するであろう。

CREATE法では、通常の法人所得税率を10%まで引き下げている。課税所得が500万PHP以下で、総資産が1億PHP以下の国内法人では30%から20%に引き下げ、資産が1億PHPを超える大企業では25%に引き下げている。 また、成果主義、期限付き、的を絞った、透明性の高いインセンティブ・パッケージを導入する。

Carlos Dominguez III財務長官は、「IRRのこれらの規定は、すべて、企業の経済への重要な貢献に基づくインセンティブ付与という中核原則に従って、法律が適切に実施されることを確保することを意図している」と述べた。

IRRは、一般発行の新聞に掲載された直後に発効すると当局は述べた。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1145010
https://news.abs-cbn.com/business/06/25/21/dof-dti-sign-create-irr-ahead-deadline