実際の国営企業は、バーチャル・ツアーなど、不動産のリストアップを促進する革新的な方法を考案した。

カローセル・フィリピン・カントリー・マネージャーのラフィー・モンテマナー氏は、バーチャル・プロパティ・ツアー、ビデオ・コールなどのオンライン・ツールが不動産売却の原動力になるとみている。 プラットフォーム上の顧客の大半は、ビデオ通話を利用し、ロックダウン中に販売するために物件のバーチャル・ツアーを行っている。

また、ブローカーやエージェントが住宅プロジェクトを効果的に売り込むために、写真やビデオを提供するなど、開発者はさらに積極的になっています。

カローセルによると、これらのサービスはかつては海外のフィリピン人労働者に限られており、オンライントラフィックの40%を占めていた。

モンテ市長は「2021年には、開発業者がより多くのオンライン投資を行っていることがわかっている」と述べた。

「彼らはパンデミック以前よりも多くのオンラインを使っています。私たちは、彼らが自宅やオンラインにいるため、自宅の購入者に手を差し伸べるためのより費用対効果の高い方法だと考えています」と同氏は付け加えた。

カローセル・フィリピンは、開発業者、ブローカー、代理店のスキルアップを支援し、不動産購入者に最新の市場情報を提供するため、7月14-18日に初のオンライン不動産展示会を開催する。

同社によれば、ボニファシオ・グローバルシティ、マカティ、マニラベイエリアなどの中心的なビジネス地区に立地するマンションやマンションの上場が大幅に増加したという。

「しかし、今のところ、不動産購入者の利益はマニラ首都圏の住宅とロットにあり、それは私たちにとって驚くべきことだった。 同氏によると、社内およびロット問い合わせ件数は前年同期比24%増、ロット数は前年同期比42%増にとどまった。

パンデミック以前、人々はマニラ首都圏外の2世帯目の家を探していた。 しかし、健康危機により全員が屋内にとどまることを余儀なくされたため、インターネット接続、医療インフラ、配送や食料ソリューションへのアクセスがますます重要になった。

出典:
https://www.bworldonline.com/innovative-ways-of-marketing-properties-emerge/