Total merchandise trade between the Philippines and the rest of the world more than doubled to $14.16 billion in April from a year ago, with both exports and imports increasing significantly.
The latest data from the Philippine Statistics Authority (PSA) showed that total external trade jumped 107.5 percent in April from $6.83 billion in the same month last year. Combined exports and imports slid by 54.8% year-on-year in April 2020 due to the stringent quarantine measures imposed at the start of the coronavirus (COVID-19) pandemic.
In April this year, exports grew by 72.1% year-on-year, while imports jumped by 140.9%.
Global trade weakened when countries around the world shut down borders at the onset of the mpandemic. Local manufacturers and consumers were placed under stringent movement restrictions and stopped 75% of the economy from mid-March to May last year, also affecting export and import operations.
Exports increased by 72.1% to $5.71 billion last April, up from $3.21 billion the previous year, reversing a 41.3% decline at the height of last year’s enhanced community quarantine (ECQ).
In a statement, Trade and Industry Secretary Ramon Lopez said that the latest export data showed that the country was gradually recovering from the negative impact of COVID-19, with numbers better than pre-pandemic levels.
Electronics—the country’s top export commodity—grew by 62.6% year-on-year, while ignition wiring sets and other wiring sets used in vehicles, aircraft, and ships posted the biggest increase of 1,237.6%.
Lopez said the 72-percent growth in April was the second consecutive month of positive year-on-year growth, following the 33.3 percent revised growth rate in March. This, he said, was the highest among select Asian economies surpassing even that of Japan’s 38 percent and China’s 32.3 percent.
In a report, ING’s senior Philippine economist Nicholas Mapa attributed the export gains to the resumption of regional manufacturing operations.
The Development Budget Coordination Committee predicts that goods exports will increase by 8% this year, while imports will increase by 12%.

フィリピンと世界各国との間の商品貿易総額は、輸出、輸入ともに大幅に増加し、4月には141億6,000万ドルと1年前に比べて2倍以上になりました。
フィリピン統計局(PSA)の最新データによると、4月の対外貿易総額は前年同月の68.3億ドルから107.5%に急増しました。2020年4月は、コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック開始時に実施された厳しい検疫措置の影響で、輸出と輸入の合計額が前年同月比54.8%減となりました。
今年の4月は、輸出が前年同期比72.1%増、輸入が140.9%増と急増しました。
パンデミックの発生により世界各国が国境を閉鎖したことで、世界の貿易は弱体化した。昨年3月中旬から5月にかけて、現地の製造業や消費者は厳しい移動制限を受け、経済活動の75%が停止したため、輸出入にも影響が出ました。
輸出は昨年4月に57億1千万ドルと、前年の32億1千万ドルから72.1%増加し、昨年のECQ(Enhanced Community Quarantine:地域検疫の強化)の最盛期に41.3%減少したことを覆しました。
ラモン・ロペス貿易産業長官は声明の中で、最新の輸出データは、COVID-19の悪影響から徐々に回復していることを示しており、その数値はパンデミック前のレベルを上回っていると述べています。
最大の輸出品目である電子機器は前年同期比62.6%増、自動車、航空機、船舶に使用されるイグニッション・ワイヤリング・セットおよびその他のワイヤリング・セットは1,237.6%増と最大の伸びを示しました。
ロペス氏によると、4月の72%の伸びは、3月に修正された33.3%の伸びに続いて、2ヶ月連続で前年同月比プラスの伸びとなった。これは、日本の38%、中国の32.3%をも上回り、厳選されたアジア経済の中で最も高い数値であるという。
INGのシニア・フィリピン・エコノミストであるニコラス・マパ氏は、レポートの中で、輸出の増加は地域の製造業が再開したことによるものだと述べています。
開発予算調整委員会は、今年の財貨の輸出は8%増加し、輸入は12%増加すると予測しています。

参照元:
https://business.inquirer.net/324632/ph-external-trade-doubled-in-april