A joint report from the Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI) and Truck Manufacturers Association (TMA) on Monday showed that industry sales went up by 360.8% to 22,062 units in May from 4,788 in the same month in 2020, indicating an increase by four times from the same month last year after coming off a low base.
Restrictions imposed at the start of the pandemic slowed consumer activity, with some dealerships only starting to reopen in mid-May 2020 after lockdown rules were relaxed. This year, May sales jumped by 23.6% from April, when tighter quarantine measures were in place.
“The industry remains optimistic of a nascent recovery but at the same time on guard for any downside risks of the pandemic particularly if lockdowns are reimposed in NCR Plus and in other regions resulting in a tepid consumer confidence,” CAMPI President Rommel R. Gutierrez said.
Sales of all vehicle categories improved in May. Commercial vehicle sales went up by 325.5% to 14,463 units in May compared with 3,399 in the same month a year ago, while also climbing by 17.8% from the April figure.
Passenger car sales surged by 447.1% to 7,599 in May from 1,389 units a year ago, up by 36.43% from the 5,570 sold in April. For the first five months of the year, CAMPI data showed vehicle sales rose by 58.7% to 110,217 units, from 69,463 units in the same period in 2020.
Year to date, commercial vehicle sales increased by 49.6% to 75,193 units, while passenger car sales jumped by 82.4% to 35,024 units.
Toyota Motors Philippines Corp. (TMP) continued to have the largest market share at 48.86% in May after selling 10,799 units. Mitsubishi Motors Corp. followed with 3,229 units sold at 14.64% market share, while Suzuki Philippines, Inc. sold 1,802 units, with 8.17% market share.
The car industry could recover to pre-pandemic sales as late as 2023, Mr. Gutierrez said earlier this year. The best-case scenario for the industry in 2021, he said, is a 30-35% sales growth, but the provisional safeguard duties on imported cars could lower growth to 20-25% compared with last year’s figure.

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会(TMA)は、5月の自動車販売台数が前年同月比360.8%増の22,062台となったと発表しました。フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会(TMA)が月曜日に発表した共同報告書によると、5月の自動車販売台数は、2020年同月の4,788台から360.8%増の22,062台となり、低水準だった前年同月比で4倍に増加しました。
パンデミック発生時に実施された規制により、消費活動が停滞し、一部の販売店では封鎖ルールが緩和された後、2020年5月中旬になってようやく営業を再開しました。今年、5月の販売台数は、隔離措置が強化されていた4月から23.6%も急増しました。
CAMPIのロンメル・R・グティエレス会長は、「業界は回復の兆しがあると楽観視しているが、同時にパンデミックによる下降リスク、特にNCRプラスや他の地域でロックダウンが再実施され、その結果、消費者心理が冷え込むことを警戒している」と述べました。
5月の自動車販売台数は、すべてのカテゴリーで増加しました。商用車の販売台数は14,463台で、前年同月の3,399台に比べて325.5%増加し、4月に比べても17.8%増加しました。
乗用車の販売台数は、前年同月の1,389台から747.1%増の7,599台となり、4月の5,570台から36.43%増となりました。CAMPIのデータによると、今年1~5月の自動車販売台数は、2020年の同時期の69,463台から58.7%増の110,217台となりました。
これまでの通年では、商用車の販売台数は49.6%増の7万5193台、乗用車の販売台数は82.4%増の3万5024台と急増しています。
Toyota Motors Philippines Corp. TMP)は、10,799台を販売し、48.86%のシェアを維持しています。次いで三菱自動車工業が3,229台(シェア14.64%)、スズキ・フィリピンが1,802台(シェア8.17%)となっています。
自動車業界がパンデミック前の販売台数に回復するのは遅くとも2023年であると、グティエレス氏は今年の初めに述べています。同氏によると、2021年の業界のベストシナリオは、30~35%の販売成長だが、輸入車に対する暫定セーフガード関税の影響で、成長率は昨年と比べて20~25%に低下する可能性があるといいます。

参照元:
https://www.bworldonline.com/car-sales-recover-in-may