フィリピン経済圏庁(PEZA)は、今年の投資成長目標を7%に設定している。これは、法人所得税の削減や税制上の優遇制度の改革後、外国企業からの利子が増加すると見込んでいるためで、今年の投資成長目標を7%に設定している。

昨年、投資促進機関は、2019年にコロナウイルス病2019(COVID-19)のパンデミックによる投資家の信認を封じ込めることを宣言した後、2019年から19.15%減少し、950億3,000万ポンドのプレッジを登録しました。

PEZA政策企画局次長、テレソ・パンガ氏は「われわれは約60億ポンドの増額を検討しており、FDI(外国直接投資)が増加しているため、この予測の強力な基盤がある」と述べた。

先週発表された企業再生・企業税優遇法(CREATE)の規則・規制の実施により、政府のインセンティブに関する優先プロジェクトが掲載されました。これには、投資先としての競争力を向上させ、ハイエンド製品を生産する能力を向上させるプロジェクトも含まれます。

PEZAは今年、2021年に向けて1,000億ポンドを超える投資プレッジを承認することを目指していると発表した。

FDAが承認した投資プレッジは、2020年3月中旬に開始された当初のロックダウン時に取締役会が達成できなかったため、承認された投資が低迷した昨年の低水準から1-3月期にはほぼ54%増の253億8,200万ポンドとなった。

今年第1四半期に承認された投資の大半はルソン島にあり、プロジェクトのいくつかは輸出製造と情報技術に関するものである。

出典:
https://www.bworldonline.com/peza-eyes-7-increase-in-investment-pledges/