フィリピンでは、いくつかの政府機関や企業グループが、今年末までに100万人の雇用を創出するための宣言に署名した。

「改革」 リバウンド。 「回復:2021年の100万人の仕事」のマニフェストは、貿易産業省(DTI)、労働雇用省、運輸省、内務・地方政府省、観光省、高等教育委員会、政府のための技術教育・技能開発局によって署名された。

民間部門については、フィリピン雇用者連盟、フィリピン商工会議所、フィリピン輸出業者連盟、フィリピンホテルレストラン協会、フィリピン建設業者協会、フィリピンホテル所有者協会、フィリピン半導体・電子工業会が署名した。

Ramon Lopez通商産業省長官は、政府は成果物を達成し、年末までに100万人の雇用創出を達成するために、ビジネス部門が要請するプログラムと政策を実施することにコミットしていると述べた。

政府は、マニフェストの下で、求人資格を持たない労働者を対象に研修を実施し、ワクチン接種を受け、あるLGUから別のLGUへの転勤を必要とする労働者への輸送サービスの提供について地方自治体(LGU)と調整し、職業キャラバンを組織し、その他のプロジェクト実施支援メカニズムを提供するものとする。

一方、民間セクターの責任としては、会員企業からの求人の発掘、有資格者ではあるが失業している者の雇用の確保、ビジネス環境の具体的な改善の提案、キャラバンの共同組織化、搭乗プロセス、ワクチン接種プロセス、ポストキャラバンでの再スキル化・再スキル化などの必要な支援、プロジェクトの実施におけるその他の支援・モニタリング・メカニズムの提供などがある。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1145479