フィリピン政府の証券取引委員会(SEC)は、オンライン融資プラットフォーム(OLP)の登録と開示を怠り続けている融資・融資会社のライセンスを取り消す。

欧州委員会は6月22日付の通達で厳しい警告を発した。これは、フィリピンの借り手を対象としたOLPを悪用する可能性のある事業者を抱える融資・融資会社のリストを清算し続けているためである。

2019年には、すべての融資・融資会社は、OLPを欧州委員会に報告し、SECメモランダム・サーキュラー番号に事業名として登録する必要がありました。 19, Series of 2019. 委員会はさらに、融資会社と融資会社に対し、それぞれの会社名、SEC登録番号、権限番号を広告とOLPに表示するよう指示した。

また、覚書では、共和国法No.により義務付けられているように、融資取引が成立する前に、融資会社が借入人に対し、金利およびその他すべての不可能な手数料を開示することが義務付けられている。 3765、つまり貸出真理法。

欧州委員会は、オンラインで運営する貸出・融資会社に、SECメモランダム・サーキュラー番号の発行前にすでに存在していたすべてのOLPを記載した宣誓供述書を通じてOLPを報告することを義務付けた。 19, Series of 2019で、覚書回覧の有効期間から10日以内に開示要件に適合していることを示す。

なお、貸出・融資会社は、当該OLPの業務開始の10日前までに、新たなOLPを届け出なければならない。

登録と開示の要件は、オンラインでの融資および資金調達活動をより緊密に監視することを可能にし、借り手に略奪的融資からの追加的保護を提供する。

欧州委員会は、SECメモランダム・サーキュラー番号を継続的に遵守しない融資会社および融資会社に対して、100万PHP以下の罰金を科すことができる。 19, Series of 2019. 不遵守はまた、60日間の停止またはその権限証明書の取り消しにつながる可能性がある。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144812