Russian homebuilder PIK has entered the online real estate market in the Philippines as part of its Asian expansion strategy, listing its first property offering on the digital property platform Lamudi.
One Sierra, the company’s first development project in the Philippines, will bring 250 high-quality units spread across 30 floors.
“With only 10 units per storey, residents will enjoy unparalleled exclusivity. Geared towards privacy and wellness, it will feature amenities including a swimming pool and deck area, gym and wellness area, and a function room,” the company said.
One Sierra is a low-density condominium which also reflects the needs of the Philippine market given that most Filipinos are in a work-from-home setup due to lockdown, the company added. It also offers flexible premium spaces like small office/home office or SOHO units. Sizes range from 32 square meters (sq m) to 84 sqm.
The Russian developer said its first local project will make Mandaluyong even more attractive to property seekers. Lamudi data show growth in average monthly pageviews from Makati (14.39 percent), Pasig (80 percent), and Quezon City (95.52 percent). This includes property seekers who may already have at least one vehicle for private transport to work and other essential locations in nearby cities amid the pandemic.
In terms of market capitalization among public homebuilders and 2020 construction area, PIK is the largest homebuilder in Russia and Europe. Its headquarter is in Moscow, and it has already constructed approximately 500,000 comfort-class urban homes.

ロシアの住宅メーカーであるPIKは、アジア拡大戦略の一環として、フィリピンのオンライン不動産市場に参入し、デジタル不動産プラットフォーム「Lamudi」に最初の物件を上場しました。
One Sierraは、同社がフィリピンで最初に開発するプロジェクトで、30階建て250戸の高品質なユニットを提供します。
「1階に10戸しかないため、居住者は他に類を見ないエクスクルーシブな空間を楽しむことができます。プライバシーと健康を重視し、プールとデッキエリア、ジムとウェルネスエリア、ファンクションルームなどの設備を備えています」と同社は述べています。
One Sierraは低密度のコンドミニアムであり、多くのフィリピン人が在宅勤務をしているというフィリピン市場のニーズを反映しています。また、スモールオフィスやホームオフィス、SOHOユニットなど、柔軟なプレミアムスペースも提供しています。サイズは、32平方メートルから84平方メートルまで。
ロシアのデベロッパーは、初の現地プロジェクトにより、不動産を求める人たちにとってマンダルヨンがさらに魅力的になるだろうと述べています。Lamudiのデータでは、マカティ(14.39%)、パシグ(80%)、ケソン市(95.52%)からの月間平均ページビューの伸びを示しています。この中には、パンデミックの中、近隣都市の職場やその他の必要な場所へのプライベートな移動のため、少なくとも1台の車をすでに所有している可能性のある利用者も含まれています。
公的住宅建設会社の中での時価総額と2020年の建設面積では、PIKはロシアとヨーロッパで最大の住宅建設会社です。本社はモスクワにあり、すでに約50万戸の快適な都市型住宅を建設しています。

参照元:
https://businessmirror.com.ph/2021/06/15/pik-enters-phl-real-estate-market/