The Philippine economy will grow by 4.7 percent this year, according to the World Bank, which revised down an earlier forecast of 5.5 percent growth for 2021 due to ongoing challenges associated with the coronavirus pandemic.
In its Philippines Economic Update released on Tuesday, the multilateral lender cut its 2021 gross domestic product (GDP) growth projection again from 5.5% in March and the 5.9% forecast given in January.
“The PEU notes that the resurgence of new COVID-19 cases and rising inflation have derailed the early signs of an economic rebound in 2021,” the World Bank said in a statement Tuesday as it released its update on the Philippine economy.
The World Bank anticipates that the government’s mass vaccination program will gain traction in the second half, boosting consumer and business confidence as well as domestic consumption.
“The growth prospects hinge on the country’s ability to manage the COVID-19 health crisis, the medium-term growth trajectory depends on effective pandemic containment delivery of mass vaccination and further loosening of mobility restrictions,” said Kevin C. Chua, a World Bank senior economist.
The World Bank reduced its growth forecast for next year to 5.9%(from 6.3% in March) and to 6% in 2023. This is still lower than the government’s 7-9% growth targets for 2022 and 6-7% growth targets for 2023.
The latest projections will bring the World Bank’s estimated growth for the Philippines to 5.7% over 2020-2029, but Mr. Chua said this is partly because 2021-2022 are coming from a low base last year.
Since the government’s fiscal space has narrowed with the sustained high expenditures and weak revenues, Mr. Chua said government spending should be efficient and targeted.

世界銀行の発表によると、フィリピンの経済成長率は今年4.7%となり、コロナウイルスのパンデミックに伴う課題が継続しているため、2021年の成長率を5.5%とする以前の予測を下方修正しました。
多国間金融機関である世界銀行は、火曜日に発表した「フィリピン経済アップデート」において、2021年の国内総生産(GDP)成長率の予測を、3月の5.5%、1月の5.9%から再び引き下げました。
世界銀行は、フィリピン経済に関する最新情報を発表した火曜日の声明の中で、「COVID-19の新規症例の復活とインフレの上昇により、2021年の経済回復の初期兆候が頓挫したことに留意する」と述べています。
世界銀行は、政府の大規模なワクチン接種プログラムが下半期に牽引力を発揮し、消費者や企業の信頼感や国内消費を押し上げると予想しています。
世界銀行のシニアエコノミストであるケビン・C・チュア氏は、「成長の見通しは、COVID-19の健康危機を管理する国の能力にかかっており、中期的な成長軌道は、大量のワクチン接種による効果的なパンデミックの封じ込めと、移動制限のさらなる緩和にかかっている」と述べています。
世界銀行は、来年の成長率予測を5.9%(3月時点では6.3%)、2023年には6%に引き下げました。これは、政府が掲げている2022年の成長率目標7~9%、2023年の成長率目標6~7%を依然として下回っています。
最新の予測では、世界銀行のフィリピンの推定成長率は2020年から2029年にかけて5.7%となるが、チュア氏はこれについて、2021年から2022年が昨年の低いベースからの成長であることが一因であると述べています。
高額な支出と収入の低迷が続いているため、政府の財政スペースが狭くなっていることから、チュア氏は、政府の支出は効率的でターゲットを絞ったものにすべきだと述べています。

参照元:
https://www.bworldonline.com/world-bank-cuts-gdp-growth-outlook-for-philippines/
https://www.benarnews.org/english/news/philippine/philippine-economy-06082021133458.html