The Offshore Mining Chamber of the Philippines (OMCP) said it has been receiving many expressions of interest from major world players in offshore mining to explore opportunities in the country after Executive Order (EO) No. 130 opened the door for new projects.
Among them are Primetals Technologies of Austria; Duro Felguera of Spain; funders from Switzerland; international JORC and VALMIN professional practitioners from Singapore, Indonesia, Europe, and Australia; and other offshore mining-related companies from Indonesia, Malta, Australia, China, Hong Kong, and Japan. Among the Japanese companies are Nakanishi Shipbuilding, Kurimoto Iron Works, Kansai Design Co., and JTrade Co., the group said in a statement.
OMCP stated that their interest was piqued after President Rodrigo Duterte issued Executive Order 130, which called for mining sector reforms in the country. The EO lifted the moratorium on mineral agreements, allowing the mining sector to reopen.
Due to rising international interest, OMCP chairman asked the national government to initiate a review of tenement claims to facilitate the entry of new investors, and to deploy equipment to lay the groundwork for proper exploration, seabed scientific research, and sea bottom profiling.
“Land banking can occur offshore as well as onshore, and must be curbed in the greater interest of spurring this new industry to contribute to the country’s recovery,” the chairman said.
He said one of its members, Cagayan Blue Ocean Offshore Aquamarine Services Corp., recently invested heavily in an Offshore Exploration Tugboat named “AHTS Noah”.
The vessel is now docked in Manila Port and will soon be deployed in the waters off the provinces of Cagayan and Pangasinan for scientific offshore exploration, environmentally safe dredging of flood-stricken areas, and river and offshore area widening.
OMCP intends to establish the gold standard for best practices in offshore mining in the country, it said.

フィリピン沖合採鉱会議所(OMCP)によると、大統領令(EO)第130号により新規プロジェクトへの門戸が開かれたことで、世界の主要な沖合採鉱企業からフィリピンでのビジネスチャンスを探るために多くの関心が寄せられているといいます。
その中には、オーストリアのPrimetals Technologies社、スペインのDuro Felguera社、スイスの資金提供者、シンガポール、インドネシア、ヨーロッパ、オーストラリアの国際的なJORCおよびVALMIN専門家、そしてインドネシア、マルタ、オーストラリア、中国、香港、日本のオフショア鉱山関連企業が含まれています。日本企業としては、中西造船、栗本鐵工所、関西デザイン、ジェイ・トレードなどが参加しているとのことです。
OMCPは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が国内の鉱業部門の改革を呼びかける大統領令130を発令したことで、彼らの関心が高まったと述べています。この大統領令により、鉱物協定のモラトリアムが解除され、鉱業部門の再開が可能になりました。
国際的な関心の高まりを受けて、OMCP議長は、新規投資家の参入を促進するために保有権の見直しを開始し、適切な探査、海底科学調査、海底プロファイリングの基礎を築くための機器を配備することを国に要請しました。
「ランド・バンキングは、陸上だけでなく海上でも発生する可能性があり、国の復興に貢献するこの新しい産業を活性化させるためには、これを抑制する必要があります」と会長は述べています。
同委員会のメンバーであるCagayan Blue Ocean Offshore Aquamarine Services Corp.は、最近、沖合探査用タグボート “AHTS Noah “に多額の投資を行ったといいます。
この船は現在、マニラ港に停泊しており、近々、カガヤン州とパンガシナン州の沖合で、科学的な沖合探査、洪水被害を受けた地域の環境的に安全な浚渫、河川や沖合の拡幅などに投入される予定です。
OMCPは、国内の海洋掘削におけるベストプラクティスの金字塔を打ち立てるつもりだといいます。

参照元:
https://businessmirror.com.ph/2021/06/14/major-foreign-players-keen-on-offshore-mining-in-phl-group/
https://www.bworldonline.com/offshore-miners-considering-phl-after-government-lifts-ban-on-new-concessions/