Businessmen here who are engaged in car dealerships have expressed their support to the government’s vaccination drive, pointing out this is an important step for the economy to fully recover and regain consumer confidence moving forward.
“Amidst the pandemic, we are opening a new shop to inspire other businesses and entrepreneurs to open because our economy is slowly recovering, and to generate more jobs,” Cebuano entrepreneur Joseph Lo, executive vice president of Toyota Mabolo Cebu Inc. Said.
Lo said their expansion signifies their optimism on the recovery of the country’s economy.
“We actually decided to open our showroom amidst the pandemic to inspire other businesses, other entrepreneurs to signify that this is the new normal we should get used to and they should also be opening their businesses as well, to keep the economy running and generate jobs” he added.
Earlier, the Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines Inc. (CAMPI) and the Truck Manufacturers Association (TMA) had disclosed that the country’s automotive vehicle sales recovered in the first quarter of 2021 amid the global health and economic crisis.
CAMPI and TMA said vehicle sales from January to March this year posted an 8.9-percent increase compared to January and February 2020, which were pre-pandemic months.
Andre Borromeo, general manager of Fairlane Automotive Ventures Inc. (FAVI), said the car industry is seeing signs of picking up and is banking on the vaccination rollout to return business growth to the pre-pandemic levels.
Despite the economic challenges, Borromeo said the coronavirus disease 2019 (Covid-19) pandemic has sparked the interest of consumers to own cars, especially those avoiding mass transport. This, he said, is giving car dealers an opportunity to take advantage of the improving consumer confidence.

セブで自動車ディーラーを営むビジネスマンたちは、政府の予防接種活動への支持を表明し、これは経済が完全に回復し、消費者の信頼を取り戻すための重要なステップであると指摘している。
トヨタ・マボロ・セブ社の副社長であるジョセフ・ロー氏は、「パンデミックの中、新しい店をオープンすることで、他の企業や起業家に刺激を与え、経済が徐々に回復し、より多くの雇用を生み出せるようにしたい」と語っています。
ロー氏は、今回の展示会の拡大は、国の経済の回復を期待視していることの表れだと語りました。
「パンデミックの中でショールームをオープンしたのは、他の企業や起業家に刺激を与え、これは我々が慣れるべき新しい常識であり、経済を維持して雇用を生み出すために、彼らもビジネスをオープンすべきだということを示すためです」と付け加えました。
これに先立ち、フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック工業会(TLC)は 、世界的な健康・経済危機の中、2021年第1四半期にフィリピンの自動車販売台数が回復したことを明らかにしました。
CAMPIとTMAによると、今年1月から3月までの自動車販売台数は、パンデミック前の2020年1月と2月と比較して8.9%の増加を記録しました。
Fairlane Automotive Ventures Inc.のジェネラル・マネージャーであるAndre Borromeo氏は、FAVI(Fairlane Automotive Ventures Inc. FAVI)によると、自動車業界は回復の兆しを見せており、ビジネスの成長をパンデミック前の水準に戻すため、ワクチン接種の展開に期待しているとのことです。
経済的な課題にもかかわらず、ボロメオは、コロナウイルス(Covid-19)の大流行により、特に大量輸送を避ける消費者が自動車を所有することに興味を持つようになったと述べています。これにより、カーディーラーは消費者心理の改善を利用する機会を得ていると述べています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144258