GIR(Gross Gross International Reserves)は、現地通貨が最近の対米ドル49%台まで下落するなか、依然として強力な支援を受けています。

7月8日(木曜日)、フィリピン中央銀行(BSP)のベンジャミン・ディオクノ総裁は、バーチャル・ブリーフィングの中で、米ドルが全般的に上昇していることを受け、他の主要通貨も同様の動きを示しているとして、ペソの現在の対米ドル安は特有のものではないと述べた。

「ご覧のとおり、現在のペソに対する米国の防衛は、フィリピンの海外送金、ビジネスプロセスのアウトソーシング、外国直接投資など、さまざまな資金源からもたらされる巨額の国際準備金と安定したドルの流れです」と同氏は述べた。

2021年5月末現在、同国の外貨準備は1,072億5,000万ドルに達している。

この水準は、12.2カ月分の財の輸入、サービスの支払い、初等所得に相当する。

木曜日、現地通貨は前日の49.79終値から横ばいの49.875ドルとなりました。

Diokno氏は、為替取引は需給の影響を受けるため、BSPは引き続き市場の力で為替レートを決定できるようにしていると述べた。

「ご覧のとおり、世界の主要通貨のほとんどはドルに対して下落しました。 つまり、強いのはドルであり、弱いペソではないということです」と付け加えた。

2021~2024年の経済管理者のペソ-米ドル仮定は、PHP48~PHP53の範囲である。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1146429