Department of Trade and Industry (DTI) Secretary Ramon Lopez said the Philippines free trade agreements (FTAs) have opened more opportunities overseas for the country’s construction industry.
Through the FTAs, the government has secured liberal arrangements in foreign markets for local construction services, Lopez said. These liberal arrangements in the construction sector include 100-percent foreign equity participation in construction activities, such as general construction work for buildings and civil engineering.
The Philippines’ participation in free trade agreements is providing an avenue to allow greater economic activity and job creation, especially with the construction industry. “FTAs offer a more stable, predictable, and fair environment for Filipino businesses and investments, including those in the construction and related engineering sector,” Lopez said in his keynote message.
The Philippines has free trade deals with Asean member states (Brunei Darussalam, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, Myanmar, Singapore, Thailand, and Vietnam), the European Free Trade Association (Iceland, Liechtenstein, Norway, and Switzerland), Australia, New Zealand, China, Hong Kong, India, Japan, and South Korea.
“These presently provide Philippine construction-related companies the opportunity to do business in these markets and provide their services to these countries on a non-discriminatory basis,” he added.
The trade chief said exploring these opportunities overseas will also help construction-related enterprises to recover due to the impacts of the pandemic.

フィリピン貿易産業省(DTI)のラモン・ロペス長官は、フィリピンの自由貿易協定(FTA)により、フィリピンの建設業界にとって海外でのチャンスが広がっていると述べました。
FTAを通じて、政府は国内の建設サービスに対する海外市場での自由な取り決めを確保していると、ロペス氏は語りました。建設分野での自由な取り決めには、建築物の一般的な建設作業や土木工事などの建設活動に100%の外国資本が参加することが含まれています。
フィリピンが自由貿易協定に参加することは、特に建設業界において、より大きな経済活動と雇用創出を可能にする手段となります。ロペス氏は基調講演の中で、「FTAは、建設および関連エンジニアリング分野を含むフィリピンのビジネスや投資に対して、より安定した予測可能で公正な環境を提供します」と述べました。
フィリピンは、アセアン諸国(ブルネイ・ダルサラーム国、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、シンガポール、タイ、ベトナム)、欧州自由貿易連合(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)、オーストラリア、ニュージーランド、中国、香港、インド、日本、韓国と自由貿易協定を結んでいます。
「フィリピンの建設関連企業にとって、国の垣根を越えてビジネスを行い、サービスを提供する機会を提供しています」と付け加えました。
貿易部長は、これら海外でのビジネスチャンスを探ることは、建設関連企業がパンデミックの影響から回復するのにも役立つと述べています。

参照元:
https://www.pna.gov.ph/articles/1144446