フランス北西部の造船会社OCEAは、フィリピンの造船所プロジェクトに15億ポンドを投資することに関心を示していると、貿易産業省(DTI)は水曜日に述べた。

造船会社OCEAは、ローランド・ジョアッサード最高経営責任者を通じて、最近の合同経済委員会(JEC)会合で、Ramon Lopez貿易長官とFrench Minister for Foreign Trade and Economic Attrainest and Economic Attractiveness Franck Risterに、その潜在的なベンチャーについて報告した。 500~600人の直接・間接雇用が創出されると見られる。

ハイレベルの経済対話では、フランスのFrance Trade and Economic Attrainest Franck Rister大臣は、運輸省(DOTr)の今後のプロジェクトに対する資金援助、フィリピン商船アカデミー(PMMA)のための訓練船契約を支援するための資金援助、海事専門家提案の可能性を確認する3通の意図表明書を提出した。

Lopezはまた、Clark Fresh Food Hubの次期フェーズ研究のためにフランスと提携する基地転換開発庁の意図をRisterに引き渡したほか、フィリピンの民間航空当局が航空技術訓練プログラムを更新する意図を示した。

LopezとRisterは、エネルギー、映画・アニメーション、農業など様々な分野での協力の可能性についても議論した。

「今回のJEC会合は、パンデミックの初期に直面したグローバルな課題の後、フィリピンとフランスがどのように再建しているかの証である」とLopez氏は述べた。

また、両国は、アカデミー・エレクトロニクス・グループ、すなわち、フィリピンの半導体・エレクトロニクス・インダストリーズのパートナーシップを踏まえ、特定の集積回路設計に関する共同プロジェクトを追求することで合意した。 そしてアライアンス・エレクトロニック。 DTIは、両業界グループが2019年に覚書に署名して以来、B-to-B会議を実施していると指摘した。

フランスとのJECは、欧州諸国との間で最も長いハイレベルの経済対話である。 2022年には、第10回フィリピン・フランスJEC会合がパリで開催される予定です。 しかし、次回のJEC会合に先立ち、リエスターは年内にフィリピンを訪問すると発表しました。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1146272
https://businessmirror.com.ph/2021/07/07/french-firm-wants-to-invest-in-shipyard-project-dti/