スウェーデンの家具・家庭用品チェーンであるイケア・フィリピンは、今年10-12月期にオープンする。 現在、国内初のイケア店舗の出店に向けて全面的に準備を進めています。

イケア・フィリピンの店舗マネジャー、ジョージ・プラッツァー氏は最近の記者会見で、このオープンはまずオンラインのEコマース・プラットフォームを介して行われ、その後、アジアのモール・オブ・パセイ・シティで物理的な店舗が出店されると述べた。

イケア・フィリピンは当初、2020年に開業することを目標としていたが、「建設調整」のため、これを先送りした。

イケアフィリピンでは、初の出店に向けて、同国での会員制プログラムを開始しました。

イケアファミリーは、世界中に1億5,000万人以上の会員を擁する家具クラブです。

フィリピンでは、会員の夢の家づくりを教え、感動を与え、支援することを目的としています。

7月7日(水曜日)、イケア・フィリピンは、打ち上げの最初の24時間以内に、過去最高の10万人のイケア・ファミリー・メンバーに到達することを目指しています。

Sy所有のSMプライムホールディングス イケアをフィリピンに持ち込む責任があるか。

イケア・フィリピンは昨年、イケア・フィリピンのプレゼンテーションで、2階建て店舗、大型倉庫、Eコマース施設、統合コールセンターを収容するため、総床面積6万5,000平方メートルを占め、世界最大のイケア・ストアとなると述べた。

2020年8月現在、イケアの店舗数は世界で445店舗となっています。

MOAコンプレックスにおけるイケアの台頭は、SMグループのビジョンに沿ったベイエリアでの継続的な発展の一環です。

一方、ウィルコン・デポやヴィラー・グループのオールホームといった家具市場の地元のプレイヤーは、イケア・フィリピンが提供する競技には無関心である。

出典:
https://www.philstar.com/business/2021/07/05/2110178/ikea-open-1st-philippines-store-4th-quarter