今後フィリピンで開催される首脳会議では、電気自動車産業の関係者が、現地輸送における電子自動車の導入を加速することに焦点を当てる予定である。

フィリピン電気自動車協会(EVAP)は、マニラ電気会社およびエネルギー省と協力して、2021年8月26日から27日まで、オンラインで第9回フィリピン電気自動車サミットを開催する。

「フィリピンにおける電子移動への転換の加速」をテーマに、持続可能な交通システムへの移行を推進する政府機関の再確認を目指しています。

また、このサミットは、地元の電子自動車産業の成長を支援するために、官民双方から新たな動きを聞くことを目標としている。

EVAPのEdmund Araga社長は、政府側からの講演者は、充電インフラの構築に関する政策やインセンティブプログラムについても話し合うことが期待されると述べた。

また、Aragaは、電気自動車プログラムの下、Asean内の産業協力を強化するための覚書にも署名する予定であると述べた。

「我々は、急速な電子自動車の配備に関する我々の目標を達成し、そのために我々の努力を強化する必要がある。そのためには、政府と民間部門が共同で、そのようにするという彼らのコミットメントを再確認する必要がある」と同氏は付け加えた。

フィリピンの電気自動車(e-vehicle)産業は、エコロジカルで経済的に持続可能な交通環境を創出するために、電気自動車の使用が強力に促進され、奨励され、政府と社会によって支援される国を創造することを目指している。

出典:
https://www.pna.gov.ph/articles/1147025