Megaworld Corp. Plans to raise up to 27.3 billion pesos ($568 million) from an initial public offering of its office unit in what would be the largest for a real estate investment trust in the Philippines. The company said its unit MREIT Inc has submitted a registration statement with the Securities and Exchange Commission for its real estate investment trust (REIT) initial public offering.
The nation’s largest office landlord will sell secondary shares of as many as 1.24 billion MREIT Inc. Common shares at up to 22 pesos each, said Kevin Tan, chief strategy officer at the Manila-based builder and president of the REIT.
The share sale reflects Megaworld’s resilience to the pandemic with ambitions for MREIT to become Southeast Asia’s biggest office REIT. The parent plans to inject more assets into the unit over time, Tan said. With over 1.4 million square meters in 70 office buildings, Megaworld has properties to bulk up MREIT, which is initially worth 55.6 billion pesos.
“Our goal is not just to be the largest REIT by portfolio size in the Philippines,” Tan says. “We intend to be the largest REIT by portfolio in Southeast Asia. We want to participate in a big way.”
Tan said its REIT offering is different since properties are focused on townships where tenants pay premium rent for township lifestyle. Townships, which have food outlets, medical facilities, outdoor spaces as well as condos, hotels, and dorms, are “incredibly efficient” model that has attracted over 200 BPO clients so far, he said.
We’re packaging entire ecosystem into the REIT, which makes it special, very different. During pandemic – township model really elevated itself,” Tan said.
Megaworld, the Andrew Tan-led company, currently has a portfolio of leasable spaces with around 1.4 million SQM of office property in 10 major cities in the country.

メガワールド社(Megaworld Corp. は、フィリピンの不動産投資信託としては最大規模となるオフィス部門の新規株式公開で、最大273億ペソ(5億6,800万ドル)を調達する計画です。同社によると、同社の投資法人であるMREIT Inc.は、米国証券取引委員会に不動産投資信託(REIT)の新規株式公開のための登録書を提出しました。
国内最大のオフィス賃貸業者である同社は、12億4,000万株ものMREIT Inc.の流通株式を販売します。普通株を1株あたり最高22ペソで販売すると、マニラを拠点とする建設会社の最高戦略責任者であり、REITの社長であるケビン・タン氏は述べています。
今回の株式売却は、メガワールド社のパンデミックへの対応力を反映したものであり、MREITを東南アジア最大のオフィスREITにするという野望を持っています。メガワールド社は、将来的にはさらに多くの資産をこのREITに投入する予定であると、タン氏は述べています。70棟のオフィスビルに140万平方メートル以上の広さを持つメガワールドは、当初556億ペソの価値を持つMREITを増強するための物件を持っています。
「我々の目標は、単にポートフォリオの規模でフィリピン最大のREITになることではありません」とタン氏は言います。「東南アジアで最大のポートフォリオを持つREITになるつもりです。大々的に参加したいと思っています」。
タン氏は、同社が提供するREITは、テナントがタウンシップのライフスタイルにプレミアムな賃料を支払うタウンシップに焦点を当てている点が異なるといいます。タウンシップには、コンドミニアム、ホテル、寮だけでなく、飲食店、医療施設、屋外スペースなどがあり、「信じられないほど効率的」なモデルで、これまでに200社以上のBPOクライアントを魅了してきたと彼は言います。
「私たちはエコシステム全体をREITにパッケージ化しており、それがこのREITを特別なものにしています。パンデミックの際には、タウンシップモデルが大きな役割を果たしました」とタン氏は語ります。
アンドリュー・タンが率いるメガワールドは、現在、国内の主要10都市に約140万SQMの賃貸可能なオフィス物件を保有しています。

参照元:
https://news.abs-cbn.com/business/06/16/21/megaworld-approval-p273-billion-reit-ipo
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-16/top-office-builder-says-readying-largest-philippine-reit-ipo