The Philippines and Israel are ready to sign a mutual investment protection agreement in a variety of sectors, focusing on agriculture technology, where the former has lagged behind other countries and was exacerbated by the pandemic.
At the virtual Philippine-Israel Agrotech Business Forum and B2B Session, Philippine Chamber of Commerce and Industry (PCCI) President Amb. Benedicto V. Yujuico revealed that during his meeting in February this year with Israel Ambassador to the Philippines Rafael Harpaz they agreed to jointly undertake a series of pitching sessions on agro-technology and information and telecommunications technology sectors.
The Israeli Ambassador cited opportunities for Israeli firms in Philippine agriculture, water technology, clean technology, cybersecurity, medical healthcare, industry 4.0, and other sectors.
“The modernization of the agriculture sector has been sidelined in favor of services and manufacturing during this pandemic period,” said Yujuico.
It is very unfortunate, he said, because agriculture is the main economic activity in the countryside, where it employs about 25 percent of the population, combined with agribusiness, the sector employs 40 percent of the Filipino people.
Crucial to improving productivity in the sector is innovation through cutting-edge technologies. Yujuico cited how Israel has been able to become food sufficient even if it has only 20 percent arable land.
The ambassador noted Israel has been advocating advanced agriculture systems, training Filipinos. Israel introduced drip irrigation to the Philippines and promoted solar energy technology, greenhouses, and hydroponics.

フィリピンとイスラエルは、他国に比べて経済が遅れており、パンデミックで悪化した農業技術を中心に、さまざまな分野で相互投資保護協定を締結する準備が整ったといいます。
「フィリピン・イスラエルアグロテックビジネスフォーラム・B2Bセッション」では、フィリピン商工会議所(PCCI)のベネディクト・V・ユジュイコ会頭が、今年2月にラファエル・ハルパズ駐フィリピンイスラエル大使と会談した際に、農業技術と情報通信技術の分野で一連のピッチングセッションを共同で行うことに合意したことを明らかにした。
イスラエル大使は、フィリピンの農業、水技術、クリーンテクノロジー、サイバーセキュリティ、医療ヘルスケア、インダストリー4.0などの分野で、イスラエル企業にチャンスがあると述べました。
ユジュイコは、「このパンデミックの時期に、サービスや製造業を優先して、農業部門の近代化が疎かにされています。農業は、人口の約25%を雇用する田舎での主な経済活動であり、アグリビジネスと合わせるとフィリピン人の40%を雇用する部門であるため、非常に残念なことだ」と述べています。
この分野の生産性向上に欠かせないのが、最先端技術によるイノベーションです。ユジュイコ大使は、イスラエルが耕地面積が20%しかないにもかかわらず、食糧を十分に確保できていることを例に挙げました。
同大使は、イスラエルが先進的な農業システムを提唱し、フィリピン人にトレーニングを行っていることを指摘しました。イスラエルは、フィリピンにドリップ灌漑を導入し、太陽エネルギー技術、温室、水耕栽培を推進しています。

参照元:
https://mb.com.ph/2021/06/17/ph-israel-to-forge-investment-agreement-in-agrotech/