スタルシアランド フィリピンを拠点とする上場不動産開発会社(SLI)は、証券取引委員会(SEC)に、買収後の買収提案を申請したと発表した。

Staは、「3,000,000,000株を上限として、新株は、会社が授権された未発行資本株式から、プライマリーオファーとして発行されています」と述べている。 ルシア・ランドは、登録届出書で次のように述べている。

フォロー・オファーは、1株当たり25億株(P2.38~P3.29)の普通株式と5億株のオーバー・アロケーション・オプションで構成されています。

もし、過剰割当オプションが行使されれば、同社の発行済株式総数は11,196,450,000株に増加する可能性がある。 この買収提案は、Staの26.79%を占めることになる。 ルシアランドの発行済資本ストック

買収提案の価格が1株当たり3.29ペソであれば、最大98億7000万ポンドの利益を得ることができる。

Sta. Lucia Landは、オファーの純収益は、新規および進行中のプロジェクト、「戦略的」ランディング・バンキング活動、短期借入金の借り換え、およびその他の企業目的のための資本支出の一部に使用されると述べた。

利益の一部は、セントラルビサヤ、ウエスタンビサヤ、カラバルゾン、ダバオ地域、サックスクサーゲン、ミマロパ、コルディレラ行政区、および首都圏で配分される予定である。

また、Calabarzon、Western Visayas、Central Luzon、Davao Regionを、ランディング・バンキング活動の対象地域と名付けた。

「同社の開発戦略は、大手競合他社がほとんど無視し、十分なサービスを受けていない地域に焦点を当てることです。大手競合他社のプロジェクトは、最近まで、すでに渋滞し飽和状態に近いマニラ首都圏に集中していました」とSta氏は言う。 ルシア・ランドは言った。

同社によると、現在、フィリピンの11地域に存在しているという。

出典:
https://www.bworldonline.com/sta-lucia-land-files-3-billion-shares-offering/